Genymotionを起動するにはVirtualBoxが必要

※ この話題は Genymotion Version 2.6.0 版の話です。ソフトウェア更新等の環境の変化により、記述内容が適応できなくなる場合がございます。

当たり前に見えて、調べても情報が見当たらなかったので記述します。

最近、ご無沙汰していたMacBook AirにGenymotionをインストールしたところ、下記のようなエラーメッセージが表示され、ソフトウェアが起動しませんでした。

Virtualization engine not found. Plugin loading aborted.

これは何事だと、Android Studioを再インストールしたり、エラーメッセージで検索しても一向に解決策らしい情報を得られませんでした。

エラーメッセージを読んで行くと、どうやらVirtualBoxが必要だということが判明し、そう言えば、このパソコンには入れてないなと思い返してインストールしてみたところ、あっさり解決しました。

いや、WindowsやLinux用の筐体は別に持っているのに、SSD容量250GB、RAM8GBの貧弱なノートで仮想マシン動かして演算とかしたくないですし…



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *