サザンセト・ロングライド2016と英彦山サイクルタイムトライアルにエントリー

DSC02455

今でこそ、しまなみ海道遠征や石見グランフォンド太魯閣ヒルクライムなどを経て、人並みのローディ経験値を積んだ私ですが、ロードバイクの乗り方を最初に経験したのは約1年前のサザンセト・ロングライド2015というセンチュリーライドでの事でした。

それ以前はロードバイクに跨ってはいても、走る距離はせいぜい1日に80kmが良いところ。向かう先も峠や林道ではなく、嵯峨野や中書島といった市街地が中心でした。

センチュリーライドでは早朝スタートに衝撃を受け、終わりの見えないアップダウンに根を上げ、通過制限時間が気になって景色を楽しめる余裕もなく、完走後は岩国のホテルで倒れ込むように眠りついた事は良い思い出です。



その私のロードバイクの原点たる、サザンセト・ロングライドに今年も参加する事に決めました。

イベントのスケールの大きさに圧倒され、帰路に着くまで不安だらけだった去年とは異なり、既にコースを知り、自身の平均時速と現地の交通状況(岩国空港へのアクセス・山陽本線の運行形態)を把握し、東京まで余裕で日帰りできる走力のついた今となっては、欠片ほどの不安もありません。

今回の目標は、周防大島の素晴らしい光景を思う存分、堪能する事。

獲得標高2000m程度では平均時速は20km/hを大きく上回る事は確定なので、クラス分けではカテゴリーAを選択しました(今年から走力に応じてカテゴリーができました)。


DSC02353


そのサザンセト・ロングライド 2016 (山口県)のちょうど1週間ほど前に、福岡県は英彦山において開催されるヒルクライムレースに同時にエントリーを行いました。

どうせ1000kmも飛行機輪行をするのであれば、現地に自転車を置いて2回目は手ぶらで出掛けようという魂胆です。

こちらのレースは、台湾で出会った九州勢との再会でもあり、太魯閣再挑戦に向けての準備でもあります。

フルカーボンの決戦ホイールは、この日の為に準備したと言っても過言ではありません。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *