ドイツの鉄道は規則で縛られる

DSC09342

ドイツでドイツ語が話せないと不便だという話の続きで、主な移動手段である鉄道の注意点についてです。日本と利用方法が大きく異なり、知らないと不便な事もたくさんあります。

大都市にある U-Bahn (地下鉄) や Straßenbahn (トラム) は行き先や乗り場が固定されている事も多く、日本の鉄道と同じ感覚で利用する事ができます。

もっともチケットの種類が目的地ではなく、ゾーン毎になっていたり、購入したチケットに日付のスタンプを押したり(詳しくは Fahrkartenentwerter で検索してください)、料金の後払いを絶対にしてはいけなかったり と些細な違いはありますので注意が必要な事に変わりはありません。




しかし、より大きく異なるのは DB や ÖBB などが運行する都市近郊鉄道や都市間鉄道です。特に後者については、出発日の一定期間以前に予約すると料金が格安になる特典があったり、列車の車体番号まで意識したりと利用における明確な差異があります。

例えば、日本の快速や特急列車では「のぞみ○○号」と行った列車と「前から何両目」と言った具合に車両までは意識する事はあっても、個々の車両の車体番号まで意識する事は (少なくとも乗客にとっては) あまり一般的ではありません。

ドイツの都市間鉄道で指定席を購入するとProduckte (列車名) の隣に Wg.37, Pl.41 といった情報が印刷されます。これがそれぞれ、Wagen (車体番号) と Sitzplatz (座席番号) を表しており乗客は利用時に常に意識します。

先頭から1号車…と数えない理由は不明ですが、2つの急行列車が途中駅まで連結されて運行されている場合には、この車体番号が自分が乗るべき列車を特定するキーとなります。

予定通りの車両ではなく、代替車両で運行される場合にはわざわざアナウンスで知らせる程に重要です。


DSC09348

DSC09346


プラットフォームには止まる列車の時刻と位置を示す図が掲示されていますので、それを見る事で自分の座席がどの辺りに停車するのかを予め調べることができます。

このプラットフォームにも違いがあり、日本のように目的地や方面毎に物理的に固定されている訳ではありません。止まる列車の種類や目的などで分類されてはいますが、一つの乗り場から出る列車の行き先が全て同じ方向とは限りません。

日本の鉄道駅は乗り場も物理的に縛られており「○番ホーム/○番線」と呼ばれますが、ドイツの場合は Gleis (線路) に関心が向き、日本ほど乗り場に対する強い意識は感じません。

大きな駅では運行に遅れが生じていると臨時で乗り場が変わる事もあります (こういう放送の大半がドイツ語のみなので英語だけでは不便なのです)。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *