大都会らしさ満点のミュンヘン

DSC06067

今回、初めてミュンヘンを訪れました。

ウィーンからベルリンまでの高速バス移動やエムス川の河口など、普通の観光客はまず行かないところにばかり行っている私ですが、日本人観光客が最も多く訪れるであろうミュンヘンには一度も行ったことがありませんでした。

留学先が東ドイツやウィーンでしたので、とても行きづらい上に、航空機もアムステルダムやコペンハーゲンの安い乗り継ぎ便を使う事が多かったので、ミュンヘン空港からの直行便なんて贅沢すぎて縁がなかったのです。

そんなミュンヘンですが、世界中から人が集まる、まさに贅沢な街でした。

ミュンヘンを形容する際に、しばしば、都会らしくないという言葉が頭に付いているのを見かけますが、とんでもありません。

ベルリンやハンブルクやプラハやウィーンよりも、よっぽど大都会の空気があります。語弊を恐れずに言うと、あまりドイツらしくもありません。




まず気がつくのは駅や地下通路などの公共スペースが清潔で新しく、ヨーロッパにしては照明が明るめで、日本の都市にいるのと近いものを感じます。

街の中心部には、銀座や表参道で見るのと変わらない高級ブランド品やスポーツメーカーのロゴが並び、巨大なショッピングセンターも幾つもあります。

こういったものは他のドイツの都市には全く見られないか、あっても街の中心に1つぐらいしかありません。

DSC06025

逆にドイツの大都市中心部の多くに見られるThalia書店が見当たりません。良く探せば見つかるのかもしれませんが、ミュンヘンでは地元民に聞いても分かりませんでした。

トイレも無料のところがありますし、英語やトルコ語や中国語やロシア語ではない外国語の看板が見られたり、本当にドイツの他の街とは全く異なりました。

中世の雰囲気が色濃く残るバンベルクや中部ドイツらしいニュルンベルクから、いきなり国際的な大都会に来て面食らったと言うのが正直な感想です。

ミュンヘンで会った旧友に訪ねられたので、ついでに日本語でもメモしてみました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *