WordPressをローカル環境にコピーした際の覚え書き

WordPress themes を作成していると、ローカル環境でファイルやデータベースを予め作成し、それをアップロードしてサーバー上に同じものを再現することが良くあります。

その反対にサーバー上に既に公開されている古いテンプレートをダウンロードして、ローカル環境に再現することも稀にあります。

こうした再現方法は様々なところで既に紹介されているのですが、自分で実行してみると予想外のエラーが生じて説明通りに行かないことも多々あります。

私が困ったことは、以下のようなブラウザの警告文が生じてフロントページにアクセスできない現象です。

データベースには正常に接続できているらしく、ログイン画面などにはアクセスできるのですが、静的なフロントと自作の幾つかのページにだけはアクセスができません。

行なったことは (1) ローカル環境の workspace に WordPress をダウンロードして展開し、データベースを新規に作成したこと。

その後、(2) サーバー上の mysqldump を使用して WordPress データベースを SQL ファイルに出力したこと。

最後に (3) サーバー上にて出力した SQL ファイルと古いテンプレートファイルをダウンロードして、ローカル環境で展開した WordPress ファイルと作成したデータベースをそれぞれ上書きしたことです。

この状態でブラウザを立ち上げて、localhost の WordPress プロジェクトにアクセスしてみたのですが、フロントページが表示されずに ERR_EMPTY_RESPONSE というエラーメッセージが出力されてしまいます。




原因が分からないのでエラーログを参照してみましたが、特にエラーらしきものは記録されていません。

あまりの不明さに .htaccess ファイルを編集したりと的外れなことを一通り検証して、ふと未設定な項目を埋めていけば動くのではないかと wp-config.php ファイルを開いて WP_HOME と WP_SITEURL に localhost を指定してやりました。

この変数を設定してようやくローカル環境でもフロントページが表示されるようになりました。

全く私が悩み苦しんだ数時間は何であったのでしょう。

同じようにデータベースの接続が正常、ログイン画面などには問題なくアクセスできるのに、フロントページが表示されない場合は wp-config を見直すと問題が解決するかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *