Category Archives: 自転車用品

ULTEGRA と DURA-ACE

DSC06652

ULTEGRA と DURA-ACE に体感できるような差はあるのか。

私は ULTEGRA (6800系) と DURA-ACE (9100系) で組まれたバイクをそれぞれ1台づつ所持しているので、ごく偶にこんな質問を受けます。

結論から述べると全くの別物と言えるほどの差があります。

同じタイヤ・ホイール・スプロケット (同一種どころか全く同じ個体) を履かせても、持ち上げた時の軽さから操作性まで大きな違いが現れることを随分前から感じていました。

それにも関わらず、今日まで記事にして来なかったのは2つの理由があります。

1つは私の個人的な感想を事実と混同する人がいるらしいこと。

確認できていないので断定はしませんが、このサイト自体、ある意味で苦手な日本語の練習目的に書いているので、内容の主体もある時点での私の感想となります。

ランキングには参加しないのも、更新通知もしないのも、仕事や専門分野に関する話題には触れないのも、最近は特定機材の使用感を書かないように意識しているのもそれが理由です。

今回も敢えて重量などの記載は避けます。




もう1つは DURA-ACE 組みのバイクで自宅近くを走ることに抵抗があるからです。

私の住居は東京の千代田区と新宿区の境界近くにあるのですが、この辺りは道路環境が劣悪で早朝6時前や正月三ヶ日を除いては、まともに自転車で走れたものではありません。

溢れかえる路上駐車の影から大きな荷物を抱えた運転手が出てくるのは日常茶飯事。

歩行者が車道に飛び出してきたかと思えば、方向指示器も出さずに車線変更してきたタクシーが眼前で急停止することもあり、頻繁に遭遇する赤信号に止まれば、信号無視の自転車に追突される危険を常に感じます。

後述するように DURA-ACE は加速が良く、無意識にスピードに乗れるので、常時、急停止のことばかり考えないといけない場所では使う気になれません。

交通量が少ない場所に行こうにも「最寄り」のヤビツ峠は片道 73km 、都民の森は 78km 、筑波山や箱根は 90km といった具合に距離が離れており、しかも、その間を全て過密な市街地が埋め尽くしているので、どんなに速く走れる人でも片道最低 2.5 時間、往復で 5 時間は信号停止と渋滞の中で我慢し続けなければ、快走路の入り口まで辿り着く事すら叶いません。

そのため、一向に走行距離が伸びず、購入後4ヶ月にして未だに 600km を超えません。

せめて 1,500km は乗ってから書きたかったのですが、乗らない間に時間が経ち過ぎて、私自身が内容を忘れそうなので、この辺りで文字として残しておこうと思います。


DSC_0004


小さなレバーと軽くて回るクランク

ULTEGRA と DURA-ACE との具体的な相違点として、おそらく誰もが認識できるのが STI レバーとクランクでしょう。

前者は握った瞬間から違いが分かります。

小さくて軽いのでハンドル自体も軽量となり、ヒルクライムでの操作性やロングライドでの疲労感が大きく変わってきます。

レバーを握ったり、ハンドルを持って前輪だけを吊り上げた際の重さにも違いが現れますが、一度に150km以上を走ったり、2,000m 以上も登ったりすると、より大きな違いを感じられます。

STIレバーと比較するとクランクの差は、少し走り込まないと意識することが難しく感じられます。

DURA-ACE のクランクは踏み出した際に「あれ、少し軽いかな?」と感じる程度なのですが、その後に ULTEGRA のクランクを踏んでみるとその重さと抵抗に驚きます。

DURA-ACE のそれを追い風とすると、ULTEGRA では微弱な向かい風の中を進んでいるかのように、僅かにもたつく感触があります。

ヒルクライム時にはさらに顕著な差があり、DURA-ACE であれば斜度 10% 程度まではシッティングで無理なく進めるのに対して、ULTEGRA では脚の体重を載せてダンシングで踏み込んでやらないと失速してしまう感覚を覚えます。

DURA-ACE を知らなければ ULTEGRA で満足できると良く言われているのは、こう言うことなのかなと個人的に納得できてしまいました。

とは言え、ULTEGRA の方が使いやすいので、誰もが DURA-ACE にする必要性もないと私は思っていますが。


使いやすい ULTEGRA・よく目立つ DURA-ACE

早朝4時台、5時台に東京都心を走っているロードバイクの多くは DURA-ACE を搭載しています。

2番目に頻繁に見かけるグループセットが 105 であるか SRAM RED であるかは分かりませんが、1番目は DURA-ACE で確定と言えるほど圧倒的多数派を占めています。

ただし、これは極めて特殊な事例であって、他の時間帯に他の場所を走れば、DURA-ACE で固められたバイクが如何に少数派であるかを嫌でも意識することになります。

お手洗いに行くとき、飲み物や補給食を補充しに行くとき、牧場に立ち寄ってアイスを食べるとき、イベント参加時のスタート直前など、自転車から降りて離れる必要がある場合には、とても神経を使います。

独特の意匠と長い文字列から DURA-ACE のグループセットは常に目立つので、盗難対策にも気を遣いますし、ファンライドでは他の自転車との価格差があり過ぎて気まずくなることもあります。

良くも悪くも、速く走ることに特化した高価なレース機材です。

それに対して ULTEGRA は、より多くの目的に使えて、何に使っても良好な性能を示す万能機材の印象があります。

普及価格帯で数も多いので、どこに行っても、どんな場面でも (真剣なレースにおいても) 悪目立ちすることはありません。

自転車を降りて離れる機会の多いロングライドや自転車旅、破損の可能性が高まる輪行、遠征など、上記の DURA-ACE との性能差を考慮しても、気軽に使える ULTEGRA を敢えて選びたい場面も少なからずあります。

走ること自体は DURA-ACE の方が楽しくても、峠から山頂までの (徒歩) 登山や食事などを含めたライド全体を考えると ULTEGRA の方が気兼ねなくできることの選択肢が広がり、結果として満足度が高まる可能性があるという訳です。


Shimano – Ultegra R8000 11スピードグループセット


あまり違いを感じない変速機

冒頭に全くの別物と記載しましたが、ULTEGRA 6800 と DURA-ACE 9100 との間で個人的にあまり違いを感じない部位も、もちろん存在します。

両者の相違点として良く引き合いに出される変速機です。

両者ともに機械式なので整備状況に依存するという面も否定できませんが、比較のために ULTEGRA は技術力に定評のある某ショップに調整を依頼したもの (ワイヤー代金を含めて整備費用 20,000円) 、DURA-ACE は CANYON のメカニックが出荷時に調整したものを用意したので、どちらもプロが整備したものが前提です。

きちんと整備されていれば、どちらも変速したいタイミングで遅滞なく変速が決まります。

当然ながらチェーン落ちの不安など微塵もありません。

こういうこともあって、技術料としての整備費用は高価とは思いませんし、それを再現する電動変速機も (技能費と比較して見れば) 安価過ぎるぐらいに安価だと書いたのですが、ここでは割愛します。

重量には差があるので軽量化の観点から DURA-ACE を導入すると言う意見に対しては異論ありませんが、変速性能としては ULTEGRA との比較で考えるよりも調整をしっかりと行うことを考えた方が効果が大きい気がします。


個人的に比較できないブレーキ

過去に何度か書いた記憶があるので、繰り返しになるかもしれませんが、私はあまりブレーキを使わずに早め早めに速度を落とす性格です。

車の運転でもブレーキを使わずに、割り込まれない範囲で可能な限り車間距離を維持します。

ブレーキは速度調整に用いることが多いので、違いがあるのかどうか良く分からないのが本音です。

船なしの TIAGRA ブレーキシューは制動力不足で身の危険を感じたので、早々にブレーキキャリパーごと廃棄・交換しましたが、幸いにして ULTEGRA で急停止できずに危ない思いをしたことはありません。

ダウンヒルにしても、どちらかと言うと落石によるサイドカット、グレーチングによるスリップ、対向車の車線はみ出しなどで危険を感じることが多いです。

命に関わる最も大切な部品なので、どこか一つだけでも DURA-ACE のパーツを入れるとしたら、間違いなくここなのですが。


耐久性の神話

DURA-ACE に関連する話題のうち ULTEGRA との比較と同様に良く耳にするのが、その耐久性についての話題です。

軽量で剛性が高い、にも関わらず、耐久性も高く長持ちする。

根拠も示されずに語られる説話ですが、そんな都合の良いものなんて存在するのかなと私自身は思っています。

先に述べたように私の周辺で見かける人は、圧倒的に DURA-ACE 使用者が多いので、当然ながら一番故障した姿を見ているのも DURA-ACE です。

特にクランク (主に9000系以前) に関しては、最も頻繁に破断したところを目撃します。

もちろん絶対数が多いので目撃数も自然と多くなること、DURA-ACE を使ってる人はそもそも走行距離が極端に多い傾向があり継続使用による減耗が進んでいることなどを考慮して見なければなりません。

それでも走行する度に力が掛かり続けるものなので、継続使用していれば、いつかは故障することもあります。

購入すればそれっきりではなく、定期的に整備と部品交換を行わなければならないもの (70km/h超の速度で用いられることもあるので特に整備は念入りに) と捉えた方が良いと思われます。


まとめ

走行性能を見ていくと別物と言って良いほど異なる両者ですが、DURA-ACE はパフォーマンスの追求に特化している面があるので、ULTEGRA の方が使いやすいと思うことも私には結構な頻度であります。

レース用途では ULTEGRA は重すぎるという意見も、両者を何度も乗り比べていると実感として良く理解できますし、正直、同意せざるを得ません。

機材スポーツにおいて機材が果たす役割は少なくありません。

しかし、その性能が常に必要かと問われれば、多くの人にとっては常時必要なわけでもないのではないかと私は思います。

ここぞと言うときに真価を発揮するのも、ただ走っていて楽しいのも DURA-ACE なので、私は両方を持つことにしましたが。

凍える真冬の寒さ対策

DSC07969

東京都心でも外気温が0℃に近くになるこの時期、河川敷には霜が降り、山間部に雲が掛かれば積雪のおそれがあります。

そこまで行かなくとも屋外に出て走り出せば、体感温度はみるみる下がり氷点下を容易に下回るものです。

厚手のビブショーツをはき、冬物のジャージを着ても身体が温まる前に凍えてしまいます。

山間部まで片道 70km から 100km の市街地が拡がる東京の場合、午前5時以前に出発して夜明けと共に標高が上がるようなライドも珍しくなく、1日を通しての気温が -5℃ から 5℃ の範囲に収まることも少なくありません。

真冬のライドといっても、一時的に ( 標高の高い峠などにおいて ) 氷点下になるぐらいであれば大きな問題はありません。

しかし、12時間以上も連続で外気温が 0℃ を指しているような環境の中を走るには、いくら冬物とは言えジャージだけの装備では厳しいものがあります。

この寒さへの対策をどうしているのかを自転車趣味の先輩たちに教えて頂きました。




その中でも「なるほど!」と思えたのは、インナーに着る MIZUNO ブレスサーモ です。

肌から発散する水分を吸収して発熱する素材を使用しているらしいのですが、氷点下で何度も使用してみた印象では「発熱する」と言うよりも「冷たくならない」と述べた方がしっくり来る肌触りの良いインナーでした。


DSC07858


発汗性の良くないインナーを来ていると、ジャージの内にこもった水分が冷えて徐々に体力を奪うものですが、こちらは汗もこもらず、冷たくもならず、10時間以上も着ていても軽いままなので、ダンシングで激しく動いていても気になりません。



MIZUNO ブレスサーモ


身体の中心に近い上半身を見直したら、その次は足下の見直しです。

今までの私はシューズカバーも使わずに雪山にも行っていたのですが、長時間のライドになると厳しいので防風機能付きのカバーを導入しました。

使用してみたところ信号停止などの際には爪先が暖かく感じるものの、1日を通して気温が低く、風が強かったりすると、足の甲あたりが霜焼けで痒くなるのは避けられません。

ただ血液の循環が良くなるのか、長時間 (6時間 / 120km 以上) では使用していない時よりも疲れにくくなる事を感じます。



PEARL IZUMI 7911 サイクルシューズカバー ウィンドブレーク ロード


そこで、さらに靴下にも MIZUNO ブレスサーモ パイルソックス を導入したところ、体感温度が0℃を下回るような早朝でも爪先から凍えることがなくなりました。

ただし、靴下としてはかなり厚めなので、合わせるシューズの大きさには注意が必要です。

スキーやスノーボードウェアほどではありませんが、それなりに厚みがあります。

とくにサイクリング用途に特化した靴下は薄くて軽量なものが多いので、そちらに合わせた大きさの (ビンディング) シューズでは少し窮屈かもしれません。

私は夏用のシューズと、それより1サイズ大きめの冬用のビンディングシューズを使い分けて対応しています。


DSC08475


これらの防寒対策を取った上でウィンドブレーカーを持ち出します。

約2年ぐらい以前から持っていたのですが、携帯性を重視した薄地素材な為か、寒い時に着ても暖かくならないので着る機会は多くはありませんでした。


DSC02665


これは私が使い方を間違えていて、寒い時や (ダウンヒルなどの) 風が強い時に着るものではなく、防寒対策をしっかりと行った上で着ると効果が期待できるものの様です。

着ていない時には大きな違いには見えなかった防寒装備ですが、一つ一つが合理的な機能を有しており、距離を走るほどに重要に思えてきます。

走行距離も文字通りに桁違いに長い先輩方を見るに、まだまだ勉強したりないなと気づかされます。