Category Archives: FELT F7

台風一過の荒川を覆う泥と風

DSC07033

日本各地に大雨をもたらした台風21号と22号。

私の住んでいる東京都でも河川が増水して交通機関に影響が出たと聞いています。

台風の直撃を避けるような形で新潟県や静岡県への出張が重なったので、私自身は実感はしていないのですが、風に飛ばされて道路上に転がるゴミ箱の蓋などを見るたび、その風雨の強さを意識させられます。

嵐は去って増水した川の水は引いても、強風は直ぐには収まりません。

荒川の河川敷では冬の恒常的な北風よりも強い横風が突発的に吹き付けて、飛行中の小鳥が風に流されてバランスを崩す様子などが見られます。


DSC07047

DSC07062


サイクリングロードまで完全に水が引いていて、舗装路が綺麗に見えるところがほとんどなのですが、一部の区間は泥に埋まっていたり、水溜まりに浸かっていたりして自転車で走行するには危険を感じます。

特に泥濘んでいるところを避けようとしてブレーキをかけるとスリップしてハンドルを持っていかれるので、水溜まりの中では絶対にブレーキレバーを引いてはいけません。

自転車にとってはグレーチングや雪と同様に危険です。


DSC07064

DSC07157


上述の強風と路面の悪さとが相まって、通常よりもバランスを崩しやすくなっているので神経を使います。

自転車は向かい風では進みませんし、横風ではハンドルを取られますし、追い風では落車しそうになるほど急加速します。

こういう時は重心を低く落として車体を安定させます。




そうして風や路面に注意を向けて泥や水溜まりを避けながら堤防側を走行していても、泥や砂を巻き込むことは避けられません。


DSC07113

DSC07090


気づいた頃には手遅れなほどにホイールやドライブトレインが泥で汚れてしまいます。

駆動系は諦めるとしてもホイールリムのブレーキ面だけは走行に支障が出るので、定期的に側溝に溜まった水で泥を洗い流します。


DSC07107

DSC07167

DSC07172


せっかくの晴天の振替休日ですが、向かい風や横風が強くて思うように進まない割に止めどなく汚れが増えていくので、埼玉県との都県境で止む無く折り返すことを決めました。

台風一過には展望が良くなるので、その時を狙って山に登る人もいますが、倒木や飛来物や落下物 (とくに落石と枝) で道路環境が読めないこと、また土砂災害の危険性があることから、私は基本的には山には向かいません。

そこで平地の広めのサイクリングロードを訪れてみたのですが、こちらも風が止むまでは為す術もないことを体感しました。

北山公園という不思議な坂

DSC06265

日本最大の関東平野と八溝山地の境界線上に位置する笠間。市街地のある盆地から周囲を見渡せば緑の山々を間近に拝めます。

一見すると選り取り見取りですが、実際には山道の入り口を見分けるのが大変で、土地勘がないと何処に向かえば良いのか分からなくなります。

山は近くに見えているのに行き方がわからない。或いは自分のいる方角からは道が通じていないなどということも少なくありません。


DSC06325


そこで宿泊しているホテルのフロントにて「最も行きやすい山」への行き方を訪ねてみました。

そうして知ったのが JR 宍戸駅、あるいは友部駅の北側にある北山公園です。




名前からして普通の運動公園に見えますが、標高差を活かしたローラー滑り台や太平洋まで見渡せる展望台があるなど、丘陵地帯をそのまま公園として保全している様子です。

宍戸駅前を通過すると直ぐに入り口の坂が見えてくるのには驚かされます。

しかも坂の斜度は 10% を容易に上回っています。


DSC06304


慌ててギアを落として登り切ると、しばし雰囲気の良い林道が続き、世にも珍しい射撃場が見えてきます。

それも営業中らしく時折パンッという発砲音が辺りに鳴り響きます。

そのさらに奥には大きな池も控えています。


DSC06294


これだけであれば、多摩丘陵や相模台地によくある坂と大差はありません。

しかし、北山公園の面白いところは、池の先から本格的な山道の様相を呈するところです。

なんとヘアピンカーブまで備えたワインディングに変貌します。


DSC06273

DSC06271


ただし標高はわずか 100m 足らずなので、本格的な山道の様相を呈した瞬間に呆気なく峠を越えて下り坂が始まります。

あくまでも公園であり本格的な山道ではないということでしょうか。

ヒルクライム目的で遠方から訪れるには物足りない気がするところですが、セグメントが置かれているので地元の人には良い練習場所になっていることが伺えます。

周辺の雰囲気は抜群に良いので紅葉時に撮影目的で訪れる方が楽しめそうな印象です。


DSC06342


山に分類するには長さと高さと執拗さが足りず、坂と呼ぶには景色の移り変わりが激しすぎる北山公園は、どちらにも分類し難い何とも不思議な場所でした。