Category Archives: その他

安くて使いやすいプリンターを探して購入した

大学院修士課程の時分に購入して5年近く使用していたプリンタが不調なので、新調することに決めました。

明確に故障しているわけではないものの、どれだけインクヘッドを洗浄しても、いくつインクカートリッジを交換しても、グラフなどの図の印刷時に縦すじが入るようにかすれてしまいます。

価格は正確には覚えていませんが EUR 59,99 ぐらいで購入した安物ですし、スーツケースに入れてあちこちに持ち運ぶような使い方をしていたので、こうなっては仕方がないと割り切ります。


高いプリンタと安いプリンタ

いざ購入を検討し始めると、どれを購入して良いのか分からなくなります。

大量に印刷するのであれば高価なカラーレーザープリンタが候補となりますが、家庭で使用するには不向きです。

家庭向きのインクジェットプリンタにしても今時の廉価モデルは 4800 * 1200dpi 以上の最高解像度があり、実売価格 6,000 円のモデルでも 50,000円以上のモデルでも解像度では大きく変わらないこともあります。

では他にどのような違いがあるのかを見ていくと、FAX 複合機などの機能追加モデルを除いては、印刷用紙の大きさ、印刷速度、そして使用するインクが違うことに気がつきます (カタログに載らない点では筐体の質感やボタンを押した際の感触なども違うので実店舗で詳しく見比べてみると驚きます)。

印刷の解像度や用紙、速度もそれぞれが重要な要素なので、重視される要素に特化されたモデルを選ばれると大きく失敗する事は防げるはずです。





インクで選ぶプリンタ

  • FAX複合機のは必要ない
  • A3 のような大きな用紙には印刷しない
  • 文書中心なので解像度は高い方が望ましいぐらいの優先度
  • 印刷速度も早い方が望ましいが絶対ではない

と言った私のようなユーザにとって選択基準はインクになります。

研究室で無駄にたくさんのプリンタを使用していた私の経験から述べると、この順序を反対にすると恐らく購入後に不満が出てきます。

インクジェットプリンタには多種多様なインクカートリッジがありますが、黒以外にはほぼ染料が使われている昨今では大きな違いは1カートリッジ当たりのインク容量です。

一般的にプリンタ本体価格の高いものに使用するカートリッジの方が大容量で、インク費用は安くなる傾向があります。


私が気に入ったプリンタ

インクと筐体の質感からプリンタを選ぶ私が個人的にまず気に入ったのはエプソン EW-M571Tです。

このプリンタはインクボトルから直接インクを注入するので、インクカートリッジを使用しません。

私の場合は徒歩で30分ほどのところに家電量販店がありますが、それでも定期的に使用済みのインクカートリッジを持って行き、リサイクルボックスを探して投入する手間は負担以外の何者でもありません。



エプソン EW-M571T プリンター/A4カラーインクジェット複合機


インクボトルを使用するモデルであれば、ユーザにとって不利益でしかないカートリッジの処分から解放されます。

カートリッジ毎に記録される印刷回数や洗浄回数のせいで、まだインクが残っているにも拘らず使えないと判断されたカートリッジを捨てる不合理さもなくなります。

その点は非常に魅力的ですし、同価格帯のモデルの中でも軽量というのも優れた特徴です。

販売店の営業の方は印刷速度を気にされていましたが、私にとっては大きな問題にはなりません。

しかし、どうしても背面給紙という点が受け入れられず、購入店舗の在庫のうち次点で気に入った brother DCP-J983N の購入に至りました。



brother 大容量インクモデル インクジェットプリンター複合機 DCP-J983N


このモデルは生活の中からインクカートリッジを一掃してはくれません。それでもカートリッジに煩わされる頻度を低下させてはくれます。

こんなに大きなタッチパネルも必要ないと購入前は思っていましたが、無線LANのアクセスポイントを設定するときに役立ちました。

これのお陰で自宅に無線LANが用意されている場合には、恐ろしいほど簡単に初期設定が行えます。

そして最も選んで良かったと思えたのは前面給紙で素早く両面印刷ができる点です。

プリンタの操作性そのものが格段によくなった影響で、未だに文字印刷には使える古いプリンタを完全に無き者にしてしまいました。


DSC07499


安いということ

もちろん、より高価な価格帯で検討すれば、カートリッジも使用せず、操作性も良いプリンタも他にたくさんあるはずです。

しかし、私個人の価値観ではプリンタは安価なモデルの方が良いと思っています。

家庭用のプリンタは構造が複雑で壊れ易いにも関わらず頻繁にメンテナンスを行う機械ではないからです。

ほんの数 mm ほど位置がずれてしまうだけで印刷は台無しになってしまいますが、定期的にプリンタ本体を調整したり、部品を取り替えたりする事は全く一般的ではありません。

複雑な機械と電子部品が満載されていて、可動部品も多く、接続機器も多岐にわたるプリンタでは、どの機種においても一定数の不具合や不満が出てくるのは避けられないのではないかとさえ思っています。

そうであればこそ、プリンタには完璧を求めるよりも必要十分な機能を備えた安価なモデルを購入することを重要視しています。

Braun に乗せられて分かった Panasonic / Philips シェーバーとの違い

DSC05863

紅茶の好きな私は歯の黄ばみを防ぐ為に定期的に歯科医に訪れます。

そこでふと正しい歯の磨き方を教わってから、それに近い磨き方を簡単に再現できる電動歯ブラシが手放せなくなってしまいました。

今までの私の認識では、歯ブラシとはホテルに宿泊した際に貰えるもの。

同じブラシを長く使ったり、ましてや出張や旅行に持ち出すなど、あり得ないことでした。

それが実売価格 1,000 円の Braun 電動歯ブラシに手を出してから、認識が大きく変わりました。

Braun の電動歯ブラシは率直に言ってとても良いのです。



ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式


この歯ブラシ、内蔵式の充電池ではなく単3電池で作動します。

コスト増に繋がる充電池の内蔵を避け、本体を中国で製造する事で価格を控えめに抑えています。

それでいながら口内に含むブラシだけはドイツ本国製造です。


DSC05873


消費者心理をよく理解しており、お陰で安心して第三者にも勧めることができます。

小さなブラシが奥歯まで届くので、私の場合は手で磨いている時よりも綺麗に磨けるようになりました。

このブラシが良かったので、ちょうど替刃の交換時期が来ていたシェーバーも Braun 5040s を新調してしまいました。


DSC05866


もともと私は Panasonic 派でラムダッシュ3枚刃を4年以上も使い続けていました。

使い分けている今だから言えることですが、このラムダッシュは防水性が高く、持ち手への振動がマイルドで、剃り残しもないといった具合にシェーバーの基本形のような、とても使いやすいモデルです。

私も使用に関しては一切の不満がありませんでした。

消耗品の網刃の寿命が来ると穴が開き、気づかずにそのまま使用していると皮膚が切れる可能性がある事だけが気に入りませんでした。

寿命が訪れる前に早めに交換してしまえば何の問題もないのですが、異なる構造を試したい気分だったので、回転式の PHILIPS 9000シリーズ に乗り換えてみました。


DSC05872


PHILIPS 9000シリーズは驚くほど肌に優しく、若干ばかり音も静かで、替え刃の寿命が長いという利点があります。

もちろん防水モデルを選べば、防水性も間違いありませんし、持ち手への振動が気になる事もありません。

私がサイクリストでさえなければ、大きな不満もなかったのですが、普通の人よりもシェーバーの使用面積が大きいサイクリスト視点で見ると、時間が掛かる事が気になります。

往復式のラムダッシュから回転式の9000に乗り換えた後に、再び往復式の Braun 5040sを導入した背景には、そんな事情が存在します。




Braun 5040 は、とにかく良く剃れます。ヘッドパーツの向きを前後に変えられる点に独自性があって非常に便利です。

同時に持ち手への振動も大きいです。

Panasonic や PHILIPS を使用している方であれば、誰でも明確に区別できるぐらいに本体はパワフルです。

しかし音量の方は格別に大きいという事はありません。

同じ往復式のラムダッシュが高速で作動しているような甲高い音がするのに対して、Braun 5040 はモーターそのものの素直な動作音が聞こえます。

個人的な好みで言えば、音を重視するなら Braun 5040 です。

振動を重視するならラムダッシュを私は選びます。

肌への刺激を重視するのであれば、ラムダッシュと Braun 5040 に大きな違いは感じません。

回転式の PHILIPS は流石に違いますが、数週間ほど使い続けて気がつく程度の僅かな違いです。ただし敏感な人なら数日で気がつくかもしれません。

基本的な機能はどれを選んでも申し分ありません。

メーカー毎に重視している点が異なるのか味付けが異なるので、ご自身の用途や体質に合致するモデルを選択されることが満足につながりそうです。