Category Archives: 東京都

大都市でも快適に走るために覚えておきたい「黄金の時間」

English Bay in the evening 2

美術や写真の世界に “Golden Hour” という言葉があります※。

一日のうち、人や物や景色が特に美しく見える、日昇後と日没前の数十分の間を指してこう呼びます。

視覚芸術分野にいる表現者たちは光にとても繊細であり、天候や時間帯による人や物の見え方の違いを詳細に把握しています。

私のような自転車趣味の者が彼らから学べることがあるとしたら、それは道路環境も時間帯ごとの変化が大きく、「黄金の時間」を選べば何処に出かけても快適に走ることができるという事実ではないでしょうか。

快適に走るためには信号や前走車の影響を受けない、人気の疎らな道を選べば良いのは誰しもが知るところです。

しかし、多くの都市部に住む人にとっては、日中は混雑していない道路に辿りつくこと自体が困難となります。

そんな混雑の酷い市街地は輪行で回避してしまったり、趣味に打ち込める場所に住居を移してしまうのも有効な解決策ですが、より手軽に実践できるものとして人気の疎らな時間帯を走るという方法もあります。

冒頭に述べた「黄金の時間」です。




「黄金の時間」を具体的に述べると、夏季なら午前4時30分から6時00分までの90分ほどが該当します。

どのような天候においても路面状況を確認できるほどの明るさがあり、車の通行や路上駐車が少なく、通勤ラッシュが始まる前に帰宅できるのは、この時間をおいて他にありません。

それよりも早い時間帯はただでさえ視界が悪いところに、泥酔者とタクシーが傍若無人に振る舞い、路上駐車が増え、さらに道路の夜間工事のために車線数も減るなど、日中よりも危険性が大きく高まります。

それよりも遅い時間帯になると急激に車の通行が増えてきます。

快適で危険性の少ない早朝の90分の間に、休日であれば如何に市街地を抜けて郊外や山間部まで辿り着けるか、平日であれば如何に密度の高い練習を行うことができるかが、その後に続く一日の質を決定します。

偶然にも自転車にとって最高に快適な時間帯は、一日のうちでも人や物が特に美しく見える「黄金の時間」とも重なるため、幻想的な夜明けの空と早朝の澄んだ空気を楽しめるというご褒美まで頂けます。

早朝に走る習慣のない人には驚きの主張かもしれませんが、道路が快適で、景色も美しく、空気も美味しい「黄金の時間」は覚えておいて決して損はありません。

なお、冬季は日の出が遅くなる影響により夜明けの時刻と通勤ラッシュの開始時間が重なるので、自転車は諦めてランニングに専念しています。

関連: 冬場の朝練のジレンマ


※ 日本語における「マジカルアワー」との相違については話題が複雑になるので言及を避けます。確かに “golden hour” に類似する言葉として “magical hour” という言葉もあります。

前者は日昇「後」と日没「前」を表す文脈で用いられている事が多いのに対して、後者は日昇「前」と日没「後」を指す用例をよく目にします。ただし両者を同じ意味で用いる人もいますし、”golden hour” と “blue hour” を総称して “magical hour” と呼ぶ人もいます。

本文では日昇後と日没前の意味で用いられる用例が多いことを理由に “golden hour” を前述の意味で採用します。

奥多摩には夏の魅力がいっぱい

DSC05520

東京都内において自転車を最も楽しめる場所が奥多摩ですが、移動速度と視点を変えて徒歩で巡っても楽しいものです。

徒歩でしか辿り着けない隠れた名所も数え切れないほどあり、乗っていること自体が楽しいはずの自転車を置いて、歩き出したくなることも度々あります。

そうした名所が特に多いのが奥多摩でも北部にあたる氷川・青梅方面です。

氷川とは奥多摩町の中心地区で、JRの奥多摩駅 (かつての氷川駅) のあるところです。檜原村や青梅市西部などを含めた広域地名の奥多摩との混同を避ける目的で区別して呼称します。


SS00912331


わざわざ区別する理由は奥多摩の地形と交通網にあります。

標高1,000m近い尾根が東西に伸びる奥多摩では南北の移動に困難を伴いがちです。

東側に位置する東京都心部に接続する交通網が発達しているという事情もあり、氷川や小河内 (奥多摩湖) であれば青梅、檜原であれば武蔵五日市や日の出といった具合に東西移動を前提として訪問を考える事が基本になります。




東西移動を前提とした場合に、自転車での走りやすさ (舗装状態の良さや交通量の少なさ) 、景観や周辺環境の良さ、御飯の美味しさを全て満足させるのは檜原・武蔵五日市方面、圧倒的な利便性とアクセスの良さを誇るのは高尾・八王子方面なので、自然とそちらの方に足が向いてしまいます。

実際、氷川・青梅方面は交通量が多く、危ない運転をする車も少なくなく、舗装状態も悪いところが散見され、トンネルも多いので、道路として見た場合には全く好きではありません。

しかし、ひとたび道路を離れれば、都心から大勢の人を引き寄せるだけの雄大で風光明媚な景色が広がっています。

風景の美しさでは奥多摩随一と言っても良いかもしれません。


DSC05510

DSC05497

DSC05569


圧倒的な大きさで非日常感を感じさせるのは小河内ダムですが、そこから下流にある多摩川の上流も水の透明度や渓谷美が楽しめる魅力の多い土地です。

JR鳩ノ巣駅から至近の距離にあり、川原に降りようとしない限りにおいては気軽に登山の醍醐味 (絶景) を楽しむ事ができます。

さらに下流に向かえばカヤッキング、上流に向かえば登山が楽しめるので、新しい趣味に目覚めそうです。


DSC05623

DSC05597

DSC05628


訪問にあたっての注意点は登山と変わるところはありません。

ツキノワグマの生息地で奥多摩駅前どころか青梅でも目撃例があります。急峻な山が多く落石や滑落には細心の注意が求められます。装備もなしに不用意に沢に近づくのは非常に危険です (いつ増水するかも分かりません) 。

また気温や直射日光から常に熱中症の危険を伴いますので、常に水分と糖分を補給ができるようにしっかりと事前準備を怠らない事が必要となります。

入念な準備と安全に対する心掛けは要求されますが、首都圏の他のどこにもない荘厳な雰囲気を持つ山々や渓谷は一見の価値があります。

東京の自然という趣を持つ高尾の森、人里の身近にある山林を感じられる檜原や秋川の森と比較しても、奥行きや迫力を全身で感じる事ができる点が異なります。

そして、その魅力を最も楽しめる季節は夏だと私は考えます。

日原の鍾乳洞も、氷川の清流も、古里の渓谷も暑い夏だからこそ、その涼しさが際立ちます。