Category Archives: 山口県

3年連続!サザンセト・ロングライド 2017 に東京から参加

DSC_0193

2015 年から継続して毎年参加しているサザンセト・ロングライドに今年も参加してきました。

約 1,000km ほど離れた東京から3年も連続して訪れているのは、瀬戸内海の美しい光景と豊富な補給食、そして何よりロングライドそのもののイベント性に大きな魅力を感じている為です。

そこに敢えて理由を付け加えるなら、サザンセトそのものの立地の良さが挙げられます。

瀬戸内海と言えばフェリーという具合に、行けるところまで自転車で走り、海に突き当たったらフェリーで対岸まで移動することで、風光明媚な景色の移り変わりと閑静な道路を思う存分に楽しめる土地です。

サザンセトに含まれる柳井や周防大島、上関も例外ではなく、直接的にフェリーで繋がる松山の三津浜から石鎚山は至近距離、しまなみ海道や UFO ラインも2日あれば十分に巡れる範囲です。

反対側に目を向けて徳山から竹田津に渡れば、国東半島や九州まで旅程に含めることも不可能ではありません。

もちろん山口宇部空港を起点に秋吉台や角島や千畳敷を回っても十分に満足できますし、ロングライドでは訪れない周防大島を見て回るという楽しみ方もできます。

あまり滞在時間に余裕がない場合には岩国の錦帯橋に安芸の宮島、広島市内といった具合に隙がありません。


SS00912333


ロングライドの開催される 10 月初旬の山陽地方は暑すぎず、寒すぎずの絶妙な時期なので、サザンセト・ロングライドとの組み合わせで安芸灘、伊予灘、周防灘を巡ることになるのは謂わば自然の成り行きです。

そんなサザンセト・ロングライドですが残念ながら今年は曇天で、瀬戸内の海の青さと透明感はそれほど楽しめませんでした。

日差しで暑くならないので走りやすくはありましたが、午前中は基本的に向かい風だったので快走とまではいきません。


DSC_0122

DSC_0172

DSC_0196


私個人も前日に笛吹峠や片添ケ浜を巡ったり、室積半島や光の山間部を訪れた影響から、飛ばす気にもならないほどに出発前から脱力状態です。

まあ、Nikon D5600 なんて大きな一眼レフをぶら下げているので、とても本気でなんて走れません。

Aグループのほぼ最後尾について午前 6:30 を過ぎたあたりから出発します。




ほどなく第一エイドステーションに辿り着き、知り合いと顔を合わせて、しばし談笑します。

走っているよりも話している時間の方が長く感じるぐらいの時を過ごして、第二エイドステーションへと向かいます。

出発地点から A グループの最後尾に近かったので、第一エイドを出発した時点で B グループのゼッケンの方が周囲に多いぐらいになりました。

A グループと B グループの区分は自己申告とは言え、エイドステーションやゴールの混雑や追い抜きを減らすために分けていることを考えると、ゆっくりしすぎるのも問題かと少し速度をあげて走ります。


DSC_0071

DSC_0061

DSC_0143


第二エイドを過ぎたところからオレンジロードの上り坂が始まります。

週末の峠越えが日常となった今となっては、ただの坂なので減速せずにそのままアウターで突入します。

ところが昨日の疲労のせいか、入り口付近で右脚を攣ってしまいました。

これは恥ずかしいとインナーにギアを落として、左脚でクランク回しながら右脚を伸ばすという間抜けな姿勢で坂を登ります。

登りきったところで審判の方に感心されましたが、昨日も反対側から島をほぼ一周したなんてことは秘密にしておきました。


DSC_0093


オレンジロードを抜けた先にあるのは第三エイドの橘ウィンドパークです。この辺りで雲間から太陽が見え隠れしたのですが、結局、雲が晴れることはありませんでした。

そのまま周防大島を出でて室津半島に向かいます。

第四エイドの伊保庄マリンパークの手前で再び脚を攣り、ロングライド後半の山場となる室津半島を越えます。

距離こそ短いものの、最大斜度は 13% もありますので、トルクでクランクを回せない攣った脚では辛いものがあります。

半島を越えた先にある最後のエイドステーションこと道の駅・上関海峡では、夏みかんアイスクリームがまさかの売り切れ。

今年はおはぎのボランティアの方と話せなかったのも少しばかり心残りです。

しかし、その一方で上関から平生にかけての間では、この3年間でかつてなかったほどの絶大な応援を受けました。

その様子は町をあげての応援と形容したくなるほどの歓迎ぶりで、脚を攣って脱力しながら写真撮影ばかりしていることが申し訳なく感じられます。

応援に気力をもらって最後の20kmは少しばかり速度を上げます。

田布施と柳井の市街地を抜けてウェルネスパークの坂を駆け上がり、13:50 前には完走状を受け取りました。

こうして走り終えてみると、改めて柳井も周防大島も上関も平生も田布施も素晴らしいところだということに気がつきます。

スタッフの皆さんも地元の方も本当にありがとうございました。

またそのうちお世話になります。

周防大島の絶景道路

DSC_0578

サザンセト・ロングライド 2017 に託けて山口県は周防大島に訪れています。

ロングライド自体も楽しみではあるのですが、私の場合、既に今年で3年連続での参加となりますので、楽しみの大部分は山口県、広島県、福岡県あたりの友人や知人と顔を合わせて話すことにあります。

ロングライドはレースではなくファンライドなので、走行経路は展望の良さや勾配のきつさではなく、自転車での走りやすさや安全性の観点から決められています。

それでも初参加であれば十分に美しい景色を楽しめるところが周防大島の魅力なのですが、同じ経路を何度も走っていると経路から少しばかり外れたところにも興味が湧いてきます。

例えば、エイドステーションにもなっている橘ウィンドパークから見上げる笛吹峠。ハワイに例えられる片添ケ浜海岸。四国まで見渡せる沖家室島。

興味は尽きないながらも、ロングライド中に抜け出して事故でも起こしては迷惑になってしまいます。

そこでイベント前日に先回りして経路には含まれていない山をひたすら自主的に登ります。




最初に向かう先は屋代ダムです。

言われなければ、ここが瀬戸内海の島であることを忘れそうになるほど、雄大な山並みが待ち受けているので驚きます。

向かう先が山梨県を連想させる笛吹峠ということもあり、まるで甲府盆地にいるかのような錯覚を起こします。


DSC_0520


屋代ダムを越え、オレンジロードとの分岐を右に曲がり、小さなトンネルを抜けるとやがて笛吹峠が見えてきます。

ここまで展望は開けませんが、峠を越えてからの景色は素晴らしいです。

なお眺めは良いのですが、距離が長くて勾配のきついトンネルが3つもあるので、訪れる際には屋代ダムや大島郵便局のある西側から上り、橘ウィンドパークや安下庄のある東側に下りた方が安全です。


DSC_0552

DSC_0564


笛吹峠を下って周防大島の南海岸に辿り着いたら、今度はそこから更に南東に浮かぶ沖家室島を目指します。

道中では稀に自動販売機を見かけるものの、コンビニエンスストアや飲食店などは全く見かけません。

景色は相変わらず素晴らしく、車も時折通行するのみで、あたりはとても静かです。

海岸に特有の高低差のある道を走り抜け、切り通しを越えて、沖家室島越しに四国が見えた時には思わず歓声を上げてしまいます。


DSC_0585

DSC_0612

DSC_0639


遠くに霞む松山の街並みを横目にして、次に向かう先は島一番の観光地である片添ケ浜です。

沖家室島の入り口までは上り基調であった分、ここからは下り基調となり、高い視点から白い砂浜を見下ろす機会が多くなります。

道は狭く、車一台がようやく通れるほどの幅しかありません。

下りきった先では椰子の木の街路樹が迎えてくれます。


DSC_0714

DSC_0710

DSC_0681


ふと地元の人と話す機会があったので、かつてはこちら側がロングライドの経路になっていたことを知りました。

確かに片添ケ浜や沖家室島の非日常的な光景は一見の価値ありなので、周防大島の魅力を伝える上で欠かせない場所であることは間違いありません。

その一方、どうして現在の経路には含まれていないのかも、自分で走ってみて良く理解できました。

道路が狭く、やや荒れ気味な上に高低差もあり、1,000人を越える参加者が一度に通れるような場所ではないからです。

調子に乗って島中を走り回っているうちに、肝心のイベント前日だというのに走行距離は 130km を越え、獲得標高もゆうに 1,000m を上回ってしまいました。