Category Archives: 海外

太魯閣渓谷と山道の危険性について

臺8線と呼ばれる中部橫貫公路 (中橫公路) にて開催されるはずであったヒルクライムレースが中止されたと聞いて、私は2つの意味で驚きました。

1つは、2017年9月現在、中橫公路が通行可能となっていたこと。

もう1つは、そこを会場としたレースなど、多くの人を集める催しが幾つも予定されていたことです (以下のリンクはその一例) 。

こう述べるのは、6月25日に当地で開催予定であったレースの延期理由に拠ります。

私も参加申込を行っていた大会ですが、台湾東部を襲った5月28日の豪雨により会場となる臺8線、および、開催地と台北とを結ぶ臺9線 (蘇花公路) の両方にて土砂崩れが発生。

中橫公路の谷關より東側の区間は封鎖され、大会は6月時点では開催時期未定の延期となりました。

それと前後して現地では地震が発生していたり、復旧工事が難航していたり、土砂崩れや落石の可能性が高い場所が確認されていたりと、メディアでは中橫公路の危険性が報じられていました。

花蓮縣では9月初旬にも小規模な地震が発生するなどの懸念事項がありましたが、安全性について最大の懸念事項は何と言っても大会延期の遠因となった雨です。

花蓮や (蘇花公路が縦貫する) 宜蘭といった台湾の東海岸では 8月、9月、10月 にかけて降水量が大幅に増加する傾向にあります。


hualienmonthlyprecipitation
中央氣象局全球資訊網『氣候統計』より花蓮の月平均降水量 (mm) をプロット ※


大雨による土砂崩れの後、降水量が年間最大に達する「雨季」を初めて迎えている現在、太魯閣渓谷を含む中橫公路や蘇花公路では落石や岩盤崩壊の危険性が通常時の何倍にも増していることは容易に予想されます。

これが花蓮縣を訪れるには時期尚早と私が判断した理由です。

更に言えば花蓮とは 11月 まで台風被害が出ることで有名な土地でもあります。

亜熱帯の台風は雨風ともに強烈です。その台風が数多く到来する夏から秋にかけての本格シーズンに、3ヶ月以内に土砂崩れを起こしたばかりの道路が無事でいられるのか。

70km を超える急峻な山道の全域で安全性が確認されているのか。

その疑問と懸念が冒頭に述べた驚きの根本的な原因です。

もちろん、山道には常に事故の危険性が伴うものですし、噴火や土砂崩れなどの自然災害の発生には予測が困難な面もあります。

事実、私が参加した国内の某イベントでも、開催10日前にコース近隣で落石が発生したことがありました。

しかし、中橫公路の性急な通行許可やイベント開催を見るに、現時点では台湾の道路管理者の安全対策が不十分と認識を改めざるを得ません。


DSC04604
画像は太魯閣渓谷ではなく阿里山のもの


山道を訪れる際には、現地の気候と当日の天候と日照時間、直近の豪雨や地震、竜巻といった自然災害、そして最も危険性と遭遇頻度の高い交通事故の発生地点を把握し、危険には自ら近づかないことが肝要です。

中橫公路と同様に危険性が指摘されている阿里山を訪れた私に言えたことではありませんが、あらかじめ危険性を認識して走行経路や通行時間や携行品には細心の注意を払うことが求められます。

森林保全を目的として設置された林道や渓流には安易に近づかない、急な気温の低下や天候の変化を察知した場合には深追いを避けて引き返す、濃霧に包まれることを想定して前後照灯を必ず携行するなど、具体的で細かい心掛けが無数にあります。

現在の太魯閣渓谷のように危険性が予測される場合には、その危険性を自身で評価する必要があります。

私からすると余りにも性急に見受けられますが、管理者が許可している以上、待ち望まれていたレースなどのイベントを開催しない理由はありません。

そして準備期間と当日の交通整理の必要性から、開催日程は直近の天候や道路状況を検証して柔軟に変更することもできません。

数週間から数ヶ月前の情報を元に決められたイベント開催の予定があるから大丈夫だろうと思うのではなく、その時の状況を分析して自分で評価しなければならないのです。

残念ながら山道の安全確保が完全でないことが悲しい形で判明してしまったことから、自分の安全は自分自身で守ることを改めて考えなければなりません。

事故や災害に巻き込まれる以外にも速度が出るなどの危険性の高い趣味であるからこそ、生命や財産が危険に晒される人が一人でも減少するように願うばかりです。





※ 一応 R での出力の仕方を書いておくと以下のようになります。

私的ロードバイク 絶景スポット ランキング 2017

DSC06456


2017年9月の落石事故を重く受け止め、太魯閣渓谷と山道の危険性について記述しました (2017年9月17日追記)。


カメラに連れられてという表現がありますが、大学院生活の運動不足を解消する目的で購入したロードバイクに連れ出されて、見知らぬ土地を巡ることも最近では珍しくなくなりました。

その訪問記録を書き始めたのが昨年の春から夏頃なので、書き続けてほぼ1年になります。

1年も続けていると、それなりに魅力的な土地を巡るようになり、印象に残る景色も数えられないほど挙げられるようになります。

その中でも特に素晴らしい、また訪れたいと感じたスポットを独断と偏見で10ほど選んでみました。

選考基準は2016年から2017年の上半期の期間内に訪れた場所のうち、自転車で訪れたもの、ロードバイクで走行できるもの、かつ景色や展望に優れていたり、そこでしか見れない独自の要素を持つものです。

期間内に訪れた場所であっても自転車以外の目的で訪れたもの (例:チューリヒや香港など) は含めません。




第1位 角島 (山口県・2016年10月)


DSC06484


響灘の透き通った水や開放感は、瀬戸内海とも日本海とも異なります。

その美しい海の真上を自転車で駆け抜ける快感は筆舌に尽くし難いものがあります。

まさにここにしかない絶景という点を高く評価しての1位です。

ただし、角島大橋は横風が強いことで有名なので、ロードバイクで訪れる際はディープリムは避けた方が良いです。


DSC06559


周辺は山がちな地形なので、ルート次第では登りが好きな人でも十分に満足できます。

関連記事: 本州最西の海へ

第2位 阿里山 (台湾 嘉義縣・2017年6月)




DSC04552


(亜) 熱帯の季候と標高2,000m超の急峻な山脈、高地での生活を偲ばせる山岳鉄道や茶畑、目紛しく移り変わる天候に名物の雲海と、何度も登っても決して飽きさせない魅力が阿里山にはあります。

道路環境があまり良くないところが欠点ですが、それを含めてもまた訪れたくなるほどに多くの見どころがあります。

そして、実際に何度も登らなければ巡りきれないほど、広い範囲が阿里山と総称されています。


DSC04130


関連記事:



第3位 渋峠 (群馬県/長野県・2017年4月)


DSC08058


日本における国道最高地点です。ここも標高は2,000mを超えます。

群馬県側の白根山では眼前に山が迫ってくるような迫力を楽しむことができ、横手山の長野県境まで登りきれば、周辺の山々すべてを眼下に一望する最高の展望を拝むことができます。

天気が変わりやすい上に、初夏の頃まで降雪があるほど気温が下がることがありますので、ヒルクライムに負けない基礎体力と走力、登山の心得を十分に身に付け、専用の防寒ウェアを整えてから訪れることをお勧めします。


DSC08029


草津温泉からの山道自体は登りに慣れた人からすると物足りないぐらいですが、高山の気候は舐めてはいけません。

関連記事: 開通直後の渋峠で雪の壁を見る

第4位 太魯閣峡谷 (台湾 花蓮縣・2016年6月)


DSC05425


台湾における国道最高地点へと至る渓谷です。最高地点の標高はなんと3,200mを超えます。

私はその10kmほど手前の關原までしか訪れていないため、峡谷に限定しての評価ですが、全線を含めれば更に順位が上がるかもしれません。

大理石が侵食されてでき上がった大峡谷が、50km近くも続く様は圧巻の一言です。

関連記事: MAXXIS 太魯閣ヒルクライム遠征 2016 雲の上に登るヒルクライムレース

第5位 周防大島 (山口県・2016年10月)


DSC_0208


中国地方におけるロードバイク乗りにとって有名なスポットなのだとか。地図上では屋代島という表記ですが、そう呼んでいる人を見たことがありません。

島の周囲を巡る道路は一周が約100km。舗装状態の良好な道路、穏やかな瀬戸内海の海岸と風光明媚な景色を存分に楽しめます。

しかし、この島の本当の魅力は笛吹峠や白木山、沖家室島など、人があまり訪れないところにこそ有るのではないかと密かに再訪問を計画しています。

注意点は大島大橋と橘を除いては補給地点が限られる事です。オレンジロードに入られるなら、その手前でドリンクや補給食を補充しておいた方が無難です。

関連記事: 2年連続!サザンセト・ロングライド 2016 に東京から参加 (1)

第6位 しまなみ海道 (広島県/愛媛県・2017年3月)


DSC06720


海峡を自転車で渡れるという世界的にも珍しい特徴を備えた「サイクリストの聖地」。

瀬戸内海の青い海と多島美を堪能でき、少しルートを外れれば豊富な激坂や白い砂浜、ダムまで満喫できるという「何でもあり」な贅沢な土地です。

周辺には石鎚山やとびしま海道、やまなみ街道、上述の周防大島など魅力的なスポットも多いので、時間と体力と走力さえ許すなら、組み合わせて一緒に楽しむことも夢ではありません。

メインルートは生活道路と重複している区間があったり、人が多かったりするので、次回以降は大三島の西側や村上水軍エリアの方を周りたいですね。

関連記事: しまなみ縦走 2017 参加記録

第7位 三浦半島 (神奈川県・2017年4月)


DSC07680


東京都市圏随一の絶景スポットと言えば、個人的には奥多摩や宮ヶ瀬や秩父の存在を視野に入れても、なお横須賀・三浦半島を挙げたくなります。

海峡 (浦賀水道)、無人島、軍港、海橋 (城ヶ島大橋)、海岸段丘、砂浜に加えて、少し自転車を降りて足を伸ばせば歴史的な史跡まで巡ることができます。

海水も東京湾とは思えないほど透明度が高く、半島だけに海に囲まれて開放感に溢れています。

それでも滅多に訪れない理由は、混雑が甚だしい上に道路環境が劣悪だからというのが惜しまれます。

行かれる場合には必ず連休を避け、車や人の通行の少ない季節や早朝の時間帯を選ぶなどの工夫が求められます。

関連記事: 三浦半島では東京湾の水も透き通る



第8位 秋吉台 (山口県・2016年9月)


DSC06243


絶景度と実際の標高が全く噛み合っていない不思議な土地です。

並みの標高1,500mの山よりも遥かに良好な展望とダウンヒルを楽しめます。幻想的な秋芳洞の光景も一見の価値ありです。

道路の舗装状態は最高で、観光シーズンを外せば混雑とも無縁という羨ましい限りの環境ですが、ルートによっては斜度9%以上の登り坂が出てきます。

もう少し面積が広ければ、もっと順位を上げてもいいぐらいなのですが。

関連記事: 秋吉台の壁 – 遅れてきた夏休み

第9位 國姓鄉 (台湾 南投縣・2017年6月)


DSC05268


台中から見た南投縣の入り口にあたります。

同じく南投縣内に位置する日月潭ほどの知名度はありませんが、平日休日を問わずロードバイク乗りがたくさん行き交います。

北隣の新社區と併せて客家由来の住人が多く、独特の雰囲気があるものの、私の語学力では細かい事情までは分からず。

四方を山に囲まれており、どこに登っても絶景と巡り会うことができます。

関連記事: 台湾第三の都市・臺中盆地でヒルクライム尽くし

第10位 出雲 (島根県・2016年5月)


DSC04550


私のような東京在住者が山陰地方を訪れる場合、中国山地を巡るよりも海岸沿いを走る方が満足度が高いです。

白い砂浜が続く出雲平野と急峻な島根半島との対比、少し走るだけで大きく変わる地形とは対照的に、どこから見ても美しい日本海という構図が楽しいです。

晴れて透き通った穏やかな海も、雨の日の荒れた海も、水平線に沈む夕日も、どこを切り取っても絵になります。

関連記事: 飛行機輪行とパンク修理・出雲空港から久手海水浴場まで


改めて眺めてみると色々なところに訪れているものですが、横須賀以外は自転車がなければ一生訪れることもなかったかもしれないと考えると不思議なものです。

次は既に屋久島と阿蘇と八ヶ岳に行くつもりになっています。