Monthly Archives: September 2016

英彦山を登りに飛行機輪行

DSC06100

英彦山は福岡県と大分県の境界付近に位置する山です。その立地から九州の各県と山口、広島などの中国地方のサイクリストに割と有名なヒルクライムスポットであると聞きます。標高は約1,200m。ダウンヒルを超えた先に位置する峠までのラスト5km区間から傾斜がきつくなってくる厳しい峠との噂です。

この英彦山にロードバイクで登りたくてイベント参加を口実に飛行機輪行で北九州まで行ってきました。

山の位置する田川郡は残念ながら公共交通機関や宿泊施設が余り充実していません。そのためアクセス方法としてはレンタカーを現地調達して車で向かう事が現実的です。山の近くで前泊できるホテルも限られているのでヒルクライム当日の早朝に現地まで移動する事になります。

今回の私の場合は一緒に登頂するみかんさんが車を出してくれると言うので、北九州空港から至近の苅田町というところにホテルを取りました。

飲食店は限られていますが空港から公共交通で無理なく移動できる範囲にあり、ホテル付近にサイクルベースあさひさんが立地している事が決め手でした。




持ち物

飛行機輪行と言えども持ち物はいつもの通りです。分解した自転車とシューズや衣類を エイカー バイクポーター スマートサイズ に詰め込み、リュックに普段着の着替えと日用品を入れて飛行機に乗り込みます。

関連記事:

いつもと異なるのは恒例の150km超のロングライド参加ではなく、今回は参加するイベントがヒルクライムレースであるという点です。完走を目的としたロングライドと比較して走行距離は僅か15kmと短く、速度は通常の練習よりも更に上がる事が想定されます。

競技中にパンク修理をしている暇も無さそうなのでCO2ボンベは敢えて持っていきません (飛行機輪行での検査時に手間が増えるため)。現地調達が難しいと考えられるディレイラーハンガー (専用品) とミッシングリンク、タイヤとチューブの新品の予備だけに荷物を絞り込みます。


DSC06081


それに合わせて輪行するホイールのタイヤとチューブも未使用の新品に換装しておきます。空気圧管理に失敗したり異物を踏んだりといったトラブルを未然に防ぐには、それが一番の対策だと身をもって体験したからこその実践です。

重量が問題となるヒルクライムレースなので少しでも軽量化を考えてカーボンフレームのFELT F7を投入し、その調整に必要となるトルクレンチもバイクポーターに同梱して預け入れ荷物として会場まで持参し…ようと考えて準備を進めていたのですが自転車の解体の段階になって気分が変わりました。

バイクポータースマートサイズに自転車を収納するためには、ホイール前後輪に加えてハンドルやペダル、シートポスト等を取り外さなければなりません。それらを取り外して再組立するとプロショップでせっかくポジションを出して頂いた調整が全て無意味になってしまいます。

またカーボンフレームは傷にも弱く塗装の剥がれにすら気を遣います。クランクからペダルを外そうとした際にチェーンが暴れて脱落するのを目撃して一気に輪行する気力を失いました。そこでいつも通りクロモリフレームのRaleigh CRNの登場です。


DSC06079
カーボンやアルミであれば割れるような衝撃を受けても少しばかり凹む程度


このフレームの信頼性は移送環境をコントロールできない飛行機輪行だからこそ活きてきます。購入前に意図したような「旅する自転車」にはなれなくても「機動力」と取り回しの良さから移動先での足となってくれる事に変わりはありません。

前日にドイツから届いたばかりの新ホイールと新品のGrand Prix 4000S IIに履き替えて即席のレース仕様の完成です。




当日

1週間近く雨が降り続いていた関東平野から西に1000km近くも移動すると気持ちの良い青空が広がっていました。なんだか久し振りに傘を持たずに移動している気がします。

北九州空港は人工島の上に設置された海上空港なのですが、現在は空港までのアクセス鉄道はなく西鉄バスで朽網という最寄駅まで移動しないと小倉にも門司にも出れません。


DSC06109
朽網駅


私が宿泊地に選んだ苅田町も以前は直通バスが出ていた様なのですが、今は目的地の候補の中にその名前は見当たりません。幸い西鉄バスの料金も格安で、朽網駅を通る日豊本線も複線化されていたため移動について大きなストレスはありませんでした。

無事にホテルに到着したら自転車を組み立て、ヘルメットにシールを貼り、ジャージにゼッケンを付けて明日のレースに備えます。

続く

DT Swiss RR21 – 練習と本番の両方で使えるホイール

DSC06051

毎日の練習と台湾ヒルクライム遠征により常用ホイールが著しく損傷した事は先に述べた通りですが、修理に出して嘆いている間に無情にも短い夏は過ぎ去りました。

ロードバイクというスポーツにとってのピークシーズン。旅行にもうってつけの緑の美しい期間中、ひたすら東京に引きこもってプログラムを書いているうちに新しいホイールの購入を検討するようになりました。




手組ホイールは丈夫でランニングコストは良いのですが「決戦」あるいは「本番」の場面では少しばかり重過ぎます。一人のソロライドでは良いですが、自分よりも速い人との集団走行では迷惑になりかねません。ディープリムホイールは性能は十分なのですが、チューブラータイヤとカーボン素材の取り扱いの難しさから性能を発揮できる場面が限定されます。

そこで目を付けたのが両者の中間的な性格を持つ軽量アルミニウム完組ホイールです。普通はこちらを最初に購入するのかもしれませんが、私の場合はアルミニウムに不信感を持っていたり運用コストを試算したりする悪癖があるので、この選択に辿り着くまでに少しばかりの時間を要しました。

もちろん軽量であれば何でも良いという訳ではなく、

  • スポークはステンレスである事
  • 消耗品の交換が容易である事
  • 構造的に単純で故障が少ない事

と言ったいつもの選択基準は何ら変わるところはありません。軽量ホイールを探しておきながら矛盾するようですが、上の条件が満たされていて価格が抑えられているのであれば、軽量と剛性のどちらかは捨てても良いとさえ思っています。

そうした経緯から選択したのが DT Swiss RR21 Dicut というホイールです。


DSC06054


Dicut というのはハブに切り込みを入れるアイデアらしいですが、私にとって重要なのはそこではなくステンレススポーク (DT aerolite, aero comp) でありながらカタログ重量 1,415g とアルミホイールの中では相当に軽量である事です。


DSC06065
フロント・リムテープ付き: 640g

DSC06068
リア・リムテープ、10速対応リング付き: 805g


ここで用いられているスポークは一般に市販されているものであり将来的な供給体制も不安がないという点も見逃せません。それは DT Swiss という会社はスポーク製造業を出自とするスポークの専門企業だからです。

ホイールにおける代表的な消耗品はスポークとベアリングですが、前述のようにスポークの入手は容易でベアリングもカートリッジごと交換できるのでメンテナンス性が高いというわけです。



その上に構造的に故障が極めて少ないスターラチェットを採用しているのが RR21 というホイールの特徴です。


DSC06057


実はこのスターラチェット目当てで RR21 を購入したと言っても過言ではありません。DT Swiss の価格に対して高性能なホイールには R20 DicutR23 Spline といったモデルがありますが、これらのモデルでは “Pawl System” とDTが呼ぶハブ構造をしています。

そこで使われるスプリングはもちろんポールスプリング、稀にラチェットスプリングと呼ばれます。私は個人的にこの部品があまり好きではないのです。ドイツ語圏で Klinkenfeder と検索すると DT の物も市販されているのが見つかりますが、交換部品が販売されているという事はやっぱり消耗品なのでしょうね…

ハブの種類ごとにサイズが異なるので割愛しますが、同じく消耗品のベアリングも Kugellager 6802 (240s向け) などで検索すると販売ページに行き着きます。


DSC06058


他の付属品にはチューブレスタイヤ用のバルブやレバーの倒せない(むしろ起こせない)クイックレリーズなどユニークな物がたくさんあります。ナットを握ったままレリーズを締めるとフレームに固定できるのですが、こうすると軽量化に役立つのでしょうか?


DSC06064

DSC06063


実走記事:


DT Swiss – RR 21 Dicut アロイクリンチャーホイールセット (Shimano)