Monthly Archives: January 2017

ルネッサンスの街アウグスブルクへ

DSC09135

スイスでの用事を終えた私は金曜日の夕方に合わせてドイツのミュンヘンに飛んできました。空港に到着すると同時に目と耳に飛び込んでくるドイツ語が心地よく、ユーロ表記に安心感を覚え、ああ、いいわ、落ち着くわと、しばらく一人で不審者のごとく感慨に耽ります。

結局、スイスではドイツ語が通じたり、通じなかったりと最後までよく分からないままでした。南部のイタリア語地域やアルプスには興味を惹かれますが、スイス・ドイツ語圏のZurichなら個人的にはドイツの方が好きという理由で現地の様子レポは割愛します。どっちにしろ、1日ではよく分かりませんし。

ミュンヘン空港の到着ロビーを出ると出迎えに来てくれていた友人夫婦の顔が見えます。彼らと一緒に夕食をとって駅まで車で送ってもらった後は、REに乗ってアウグスブルク (Augsburg) を目指します。ドイツの列車は乗降時の段差と走行時の揺れが気になりますが、車体が大きく開放感があるのがとても良いですね。




乗り込んでから30分もしないうちにアウグスブルクへと到着しました。ここに何があるのかと言えば、実は要件の一つすらありません。ただ友人がいるので合間の週末に会いに来たというだけです。

しかし、初めて訪れる街を見物しないのも勿体ないので、彼女と一緒に翌日は市内の中心部を散策します (いつものタイトル詐欺回収)。


DSC09132
DSC09098

DSC09105

DSC09118


西ドイツの街の幾つかはローマに起源を持ちますが、アウグスブルクもその中でも特に規模の大きな拠点であった事、中世にはフッカーと共に反映した金/銀細工職人に溢れ、マルティン・ルターが活版印刷を行い、ベルトルト・ブレヒトが生まれた場所で、大規模な空爆で甚大な被害を受けた事など、長い歴史に由来する豊富な歴史遺産に溢れる街だという事が少しの散策からでもよく理解できました。

残念ながら、こうした解説はドイツ語でのみ記されているので、知らずにいると容易に見落としてしまいます。




街自体の歴史だけでも十分な情報量がありますが、アウグスブルクの面白いところは姉妹都市まで誇らしげに展示してしまう点です。オーストリアやドイツだけでなく、デンマーク、ハンガリー、米国、インドネシア、ヴェトナムと様々な国のいろいろな街を巡りましたが、これだけ力を入れて姉妹都市のPRまでやっているのは今までに目にした事がありません。

新宿御苑の桜でPRされている高遠町 (伊那市) はともかく、ベルリンのTiergarten (Mitte) や北京の东城区は新宿区民ですら言われないと姉妹都市である事に気が付かないというのに、ここでは友好都市の紹介から交流の経緯、寄贈された記念品まで詳細に整理、展示されています。

寄贈品もなかなか凄いものが集まっていて、例えば日本の尼崎市/長浜市からは本物の着物や琴などが贈られています。


DSC09109
DSC09110

DSC09112


一通りの散策を終えたら買い物に出かけます。最近はそうでもなくなって来たようですが、ドイツの休日は客商売の店舗にとっても定休日となるため、平日や土曜日のうちに買い物に出かける事が一般的です。

この日も翌日の朝食のほか、彼女の好きなアクセサリや書店を見て回ります。私にとっては文句なしに最高に充実した時間です。残念ながら楽しい時間は長くは続かず、まもなく食事をとって帰路に着く時間となります。


DSC09137


私は普段は全くビールは飲まないのですが、飲食店で見つけた Cola-Weizen の組み合わせが余りに面白かったので、勢いで注文してしまって呆れられたりしました。

ドイツ語が通じずに地味にパニックに陥った話

DSC09076

気温20℃超えの香港から戻ってきたばかりですが、今度は気温が氷点下のスイスに来ています。実は私にとってスイスを訪れるのは今回が初めて。微妙に言葉が通じたり通じなかったり、物価が恐ろしく高かったり、訪問以前に想像していたよりもより一層、良く分からない国だとの思いを強くしました。




ここでも何度か書いた事ですが、私はかつてオーストリアに住んでいたので、スイスは言わば同じドイツ語文化圏に属する隣国です。アルプスの山岳地形とエーデルヴァイスのモチーフを共有しながら、それでも近くて遠い国という印象を常に持っていました。

国境管理が厳格で、独自の通貨を維持し続け、ドイツ語圏でありながらスイス・ドイツ語 (Schwizerdütsch) という独自言語を話す云々と言った具合に、とにかく容易には近づけない印象を勝手に抱いていました。

そのため入国VISAが必要なのではないか (2017年現在、180日間の期間内で合計90日までの滞在なら不要) 等、出発前から過度に緊張しながら準備を行いました。この緊張はスイス航空の旅客機に搭乗した瞬間に解放される事になりましたが、しかし、それこそが大きな罠である事をその時の私は知る由もありません。


DSC_0183


搭乗を歓迎してくれるキャプテンの機内放送は完璧なドイツ語です。スイス・ドイツ語なんてラジオ番組を聞こうとして諦めたぐらいの私でも苦もなく理解できる流暢な Hochdeutsch です。

次いで配られた機内食案内も上から英語、ドイツ語 (スイス・ドイツ語ではない)、日本語 (出発地が東京なので) の3言語です。どれも似たような内容でありながら、言語毎に微妙に意味が異なる気がしますが、歓迎の意図が伝われば良いぐらいの厳密性で翻訳を行なっているのでしょうか。

公用語のフランス語とイタリア語は何処に行ったのだろう (英語が不要なのでは…) と色々と考えさせられる事の多い表記ですが、目的地がドイツ語圏の Zurich だからと無理やり納得する事に決めました。



こうしてスイス=ドイツ語で話せば良い地域という分類が私の中で出来上がったところで、フライトアテンダントに水をもらおうとしたところ、全く理解されません。

あ、あれ、一年間もドイツ語を話さないうちに発音が英語化しておかしくなったのか????と頭の中にはてなマークが浮かびますが、気まずいので英語でその場を切り抜けます。

一周して再び会話する機会が訪れた際、もう一度と違う単語を試みますが、やはり理解されません。水 (karbonisiertes Wasser) だけであればともかく、ワイン (roten Wein) も牛肉 (Rindfleisch) も通じないとなると、これはもうドイツ語自体を諦めた方が良さそうな気がしてきます。

英語というのは北アメリカで話すものであって、ドイツ語話者の端くれがヨーロッパで英語を話したら負けという堪え難い気持ちを抑えながら、渋々、英語を話します (Great BritainやIrelandやGibraltarには行ったことがありません) 。


DSC_0186


美しい日本の山々を眼下に仰ぎ、外気温が-71℃を指している事に笑ったり、オーディオブックを聴きながら寝たりしながら、13時間かけてスイスに到着します。

空から見下ろすと予想外に平坦で驚きますが、機内誌の地図をよくよく確認してみると急峻な山岳地帯が続いているのは南部のアルプスのみで、ZurichやGenevaといった大都市は全て北部の湖や河川沿いに位置しています。

四方を山に囲まれて攻めづらく防衛に適していて云々といった言説が如何にデタラメで真実と掛け離れているのかが見て取れます。



到着時の現地の天気は予想通りの曇り、気温は-2℃と東京とそれほど変わらずです。搭乗機を後にして意を決して入国審査に臨むと、またもや事前のイメージを裏切って、ヨーロッパのパスポート(おそらくシェンゲン域内)とそれ以外で窓口が別れています。つまり、出入国管理に関しては、スイスはスイス単体ではなく、ヨーロッパと歩調を合わせている訳ですね。つくづくイメージが当てになりません。

順番を待って恐る恐る入国審査官に話しかけると、意外にも (!?) ドイツ語が通じます。相手も予想外だったようで、この事で何処に言って何をするのか逐一聞かれる羽目になりましたが、それでも事前に抱いていた印象と比較するとあっさりと入国できてしまって私が驚きます。


DSC_0216


ここに至って、ようやく出発前の緊張が溶けましたが、初めて訪れたスイスは500mlの炭酸飲料が700円もする恐ろしい場所でした。