香港で美味しい燒臘を食べよう

DSC09035

宿泊先の九龍と業務地区の湾仔を往復するだけの香港生活も1週間に差し掛かろうとしていた頃、余りにも湾仔から離れない私の生活に呆れた台湾の友人が「香港で訪れるべき店リスト」を作成してくれました。

好きで来ている観光客とは異なり、自分の意思で訪れた訳でもない私には特に行きたいところや見たいものはありません。

幼少期に一度訪れた事がある為に初訪問でもなく、ましてや外出を控えるように警告を受けるほど大気汚染が深刻な状態で、スモッグで景色もろくに見えないのでは散歩に出かける気も湧きません。



私らしからぬ引き篭もり生活に異常を感じて友人が作ってくれたのが、先述の訪れるべき店リストという訳です。正直、どこで何を見るべきなのか、考えもしなかったので大変助かりました。

リストの最初に含まれていたのは、Wellington Street にある Yung Kee (鏞記)というレストランです。台湾人の彼女によると「香港で最も有名なレストランよ」との事。訪れてみると、確かにただの一レストランではなく、香港文化の一部を形成しているような威厳と雰囲気があります。

残念ながら私は粤菜に詳しくないので、彼女に勧められた通りに À la carte のメニュー roasted dish (燒臘) に含まれる barbecued pork を注文しました。一緒に来ていた連れの二人はセットメニューを選択したので、幸運にも味見と称して signature charcoal roasted goose も一緒に頂く機会にも恵まれました。


DSC09024

DSC09041

DSC09019


豚肉の方は外側が甘塩っぱいソースで味付けされており、繊細でとても上品に仕上げられておりながら、内側は豚肉本来の味がよく活かされています。その味わいは、中華料理はこれほど控えめなに、素材の良さを引き立てる事もあるのかと感心したほどです。

ガチョウの方は反対に肉の奥から滲み出てくる旨味がジューシーで濃厚です。深い味の層が幾つも重なりながら調和しているのは本当に見事です。どちらかと言うと、こちらの方が万人向けかもしれませんが、細い骨が含まれているので食べるときは注意が必要となります。



訪れるべき店リストの2つ目は Hennessy Road にある Honolulu Coffee Shop です。ここのミルクティーとエッグタルトが中国語圏では非常に有名で、香港に訪れたら誰もが一度は行くらしいです。

「さすが女の子だね」と茶化すと「本当に有名なのよ(原文ママ)」と日本語で返してくるぐらい憤慨した様子。どうやら Wikipedia にも記事があるぐらいの有名店のようです。


DSC_0045

DSC_0047


こちらもとても美味しいお店には間違いありませんでしたが、香港のこの喫茶店にしかない特別な点が見出せませんでした。湾仔に位置していて美味しい紅茶が飲める事に価値があるのは間違いありませんが。

リストによると他にも Jaffe Road にある Macau Restaurant のアイスレモンティーと pineapple bun (菠蘿油) 、檸七こと lemon seven up (詳細は不明) などのたくさんの名物が香港にはあるようです。

何れ、時間があるときに訪れてみようと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *