ランニングに快適さを求めて・ウェアとポーチを調達

DSC05824

嫌だ嫌だと言いながら続けているランニングを少しでも快適にすべく、専用のウェアとポーチを新規調達しました。

きっかけとなったのは、背中のポケットに入れた鍵やGarminのGPS端末が、ジョギング中に跳ねて動き回るのに気がついた事。

ロードバイクのトレーニング向けにランニングを始めたという事情もあり、私がランを行う際の格好は、背中ポケット付きのサイクリングジャージ多目的のハーフパンツランニングシューズ と言った具合でした。



サイクリングジャージは発汗性と通気性が極めて良い上に、空気抵抗も少ないのでランニング用途に着回しても余り不都合はありません。

しかし、サドルバッグやツール缶などのバイクに固定するタイプの収納が使えないランニングでは、常にポケットに小銭入れやスマホ、鍵、身分証などを入れて携帯しなければなりません。

これがランニングを行う際、ポケットの中で暴れてジャラジャラと音を立てて揺れるのです。

その音はと言えば、前を走っているランナーに近づくと、ポケットの内容物の跳ねる音で振り返られるほど。とても走る事自体に集中できる環境ではありません。

そこで、いつもの adidas 直営店(新宿駅東口)にて買い求めたのが、こちらのランニング専用ポーチ AP4374 です。


DSC05806


鍵や身分証などのポケットに入れて置きたくない貴重品をジッパーの中に収納できるという特徴があります。

これであれば、走っている最中に大きな音を立てて内容物が暴れる事がなくなるばかりか、それらを落とす心配をしなくても良くなります。




さらにこちらはドリンクボトル対応モデル。

ロードバイクではお馴染みの CAMELBAK Podium (710ml)がピタリと収まるドリンクホルダーも付属します。


DSC05819


何度かの試験走行の結果、私の場合、15km程度までのランニングではドリンクボトルを携帯する必要性は無い事が分かっていますが、将来的に走行距離が伸びた時の為にボトルホルダー付きモデルを選択しました。



さすがに長距離を想定しているだけあり、ボトルを差した状態でポーチのポケットの中に大柄な GARMIN Oregon 600 を入れる事が可能です。

ボトルを入れなければ、Oregon 600 に加えて、アクションカム HDR-AS200Vまで入ります。


DSC05822

DSC05817

DSC05814


まあ、肝心のスマホ Xperia Z5 だけは、縦に長すぎる という理由でギリギリ入らないのですが、iPhoneなどの小型モデルであれば問題なく収納できそうです。

この辺りは 2011年? という設計時期から比較して、スマホの大型化が顕著に進んだ事が関係しているのかもしれません。


DSC05809


商品タグに記載された 2011 の為か、この商品、セールでとても安く購入できました。この値段であれば、迷わず購入してしまって良いだろうという事で即決です。

セール品を3点まとめて購入すると20% OFFとなるため、試しにランニングウェアも見てみたところ、こちらもセール品1着あたり3000円から選択できると知って驚愕します。

上下合わせても約6000円。ロードバイクにおけるカーボンホイールの専用ブレーキシューの価格と変わりません。



確かにサイクリングジャージでも安いものはありますが、一流ブランド品を直営店でこの値段で購入できるという辺りにランニング(やサッカー)のユーザー数と adidas の底力を意識せざるを得ません。

これなら高価なサイクリングジャージを使いまわしで消耗させる必要もないと思えてきたので、ポーチに加えてウェア上下セットの合わせ買いでランニング専用品を一通り揃えました(キャップとアイウェアは自転車と共有)。

常用ホイールが無くなっているうちに価値観が大きく変わりそうなところが恐ろしいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *