E-Mount ユーザーがサブ機に NIKON の一眼レフを購入した理由

DSC06547

自転車用途に画角が足りない気がしたので Nikon D5600 を新たに購入しました。

欲しかったのは乗鞍岳や瀬戸内海を広く写せる超広角レンズです。

詳細はこちら:万能な機材は存在しない – 新しい撮影機材の妄想

上記の記事にも書いたことですが、E-Mount は自転車用途で使い倒しても構わない安価な広角レンズが不足気味です。

高画質な広角レンズを求めるなら SONY SEL1224G F4 もしくは ZEISS Batis 2.8/18 という選択肢はあります。

これらは素晴らしいレンズであり、それはそれで欲しいものの、自転車用途で気軽に遊び倒す目的で使用するには、画質も体積も質量も価格も少しばかり過剰です。

とは言えマウントアダプタを利用して他マウントのレンズを利用するには、バッテリー容量と重さが課題になります。

将来的には安価で高画質な広角レンズも発売されるかもしれませんが、発売まで待ち続けてもその間に逃した撮影機会と時間は二度と戻っては来ません。

お金などは幾らでも取り戻すことができますが、失われた時間や機会は二度と取り戻すことができないのです。

悩んでいる時間すら惜しいので、新たに Nikon D5600 を導入しました。


DSC_0028
Nikon D5600 10.0-20.0 mm ƒ/8.0 20.0 mm 1/100 ISO 100


なぜ D5600 なのか、なぜ Nikon なのかを簡単に述べると次の3点のようになります。

  • 軽いから
  • 安いから
  • UFRaw でカメラのトーンカーブが使えるから




D5600 は軽い

一眼レフ機の中でも最軽量のボディの一つです。

スペック勝負のために最軽量を目指す必要性はありませんが、なるべく軽量な方が持ち運びやすくて助かります。


DSC06526


E-Mount ユーザーの視点で見ると操作系も分かりやすく直感的に使えます。何よりも電源スイッチが右側のレリーズボタン付近にある点が素晴らしいです。

しかしレンズマウントの方向が反対向きなのには慣れる気がしません。

レンズが安い

Nikon の一眼レフが使いたかったというよりも Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR のような安価で軽量な ( APS-Cの ) 広角ズームレンズが欲しかったことが選択の一番の動機です。


DSC06532

DSC06529


中古レンズも豊富にありますので、日焼け止めクリームや汗の滴る台湾の夏山、標高2,000mを超える高山、砂塵の舞う海岸など、高価な E-Mount レンズを持ち出したくない過酷な環境で積極的に使い倒したくなります。

UFRaw でカメラそのもののトーンカーブが使える

UFRaw とは GIMP のプラグインです。RAW画像の編集に用います。

GIMP は無料という点ばかりが強調されますが、私が考える最大の長所は Linux 上でも動作することです。

学生時とは異なり Arch で自作のデスクトップ環境を構築したり、 /etc の中身を自身で編集したりする気力はもはや持ち合わせていませんが、いざとなったらサーバーという強力なコンピュータ上で編集が行えるというのは他にはない利点です。

その編集ソフトと相性が良いのが Nikon ならば選んでおいて間違いはないかと選択の一助となりました。


DSC_0021
Nikon D5600 10.0-20.0 mm ƒ/8.0 11.5 mm 1/200 ISO 100


重さはともかくとしても一眼レフは大きい

機材は使いこなさなければ評価できませんので、実際に自転車で持ち出して自宅の周辺で試写してみました。

すると重さ自体は全く気にならないものの、大きさが APS-C のミラーレス機とは大きく異なることが難点だと気がつきました。

肩からストラップでぶら下げていると振り向きざまにぶつけたり、ロードバイクのトップチューブに当たったりするので、取扱いには細心の注意が要求されます。


DSC06541

DSC06546


それだけミラーレス機が小さくて便利だったのだなと再確認しました。

それでも立ち止まってファインダーを覗いた瞬間に、一眼レフとはなんと便利なのだろうと驚嘆するので、使いどころが重要ということでしょう。

炎天下の光の中でも安定してピントを合わせることができ、オートフォーカスも素早く決まる一眼レフは自転車用途でも決してミラーレス機に劣っているわけではありません。

毎回、持ち出すには機能や大きさが過剰な面はありますが、ここぞという場面では大活躍してくれる頼りになる存在です。

ああ、早く乗鞍岳に行きたい…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *