ハンドルバー拡張・エクステンダーを着けてGarmin GPSをマウント

DSC04460

分厚い Garmin Oregon 600 をハンドルバー付近にマウントしたかったので、コンピューター/ライトマウント ADP-3RCというものを購入しました。

* Oregon 600の分厚さについてはこちら



商品名やカスタマーレビューから「カーボン製だから取り扱いが面倒くさそうだな・・・」と考えていました。

到着してから実物を見てみると、カーボンなのはバーの部位のみで、ハンドルバーに取り付けるクランプ部分は金属(おそらくアルミ)製でした。

それなら最初からそう書いておいてくれれば良いのに。


DSC04416

DSC04419


私は飛行機でも輪行するので、外出先での部品の着脱の容易さが製品購入の基準の一つになります。

トルクレンチがないばかりに、ネジを締めすぎて部品が破損しては困るわけです。



疑念が晴れたところで取り付けてみると、意外とハンドルへの取り付けが大変でした。

部品を片手で押さえながらネジを回さなければならないので、一度、取り付けたら、一人では二度と外したくない感じです。

その分、ハンドルバーにはしっかりと固定されます。

取り付けてから角度を変えようとしても難しいぐらいです。

このエクステンダーに、RAMマウント GARMIN OREGON用ホルダーRAMマウント EZ-ON/OFF バイクマウントを用いて、Garmin Oregon 600をマウントします。


DSC04417

DSC04420

DSC04451

DSC04455


ここは他にあまり選択肢がありません。

取り付け部品があるだけでも、ありがたいというものです。



単三電池2本入りの Oregon 600 本体と合わせると、結構な重さになります。

ハンドルの操作性は悪くなりますが、サドルバッグと違って激坂で前輪が浮く事とは無関係なので、まあ良しとします。

見てくれも全くスマートではありませんが、実用性は高いです。

何しろ日常生活防水で、電池も1日は連続で使い付けても持つことが分かっているので、長距離にも安心して持ち出すことが可能です。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *