英彦山を登りに飛行機輪行

DSC06100

英彦山は福岡県と大分県の境界付近に位置する山です。その立地から九州の各県と山口、広島などの中国地方のサイクリストに割と有名なヒルクライムスポットであると聞きます。標高は約1,200m。ダウンヒルを超えた先に位置する峠までのラスト5km区間から傾斜がきつくなってくる厳しい峠との噂です。

この英彦山にロードバイクで登りたくてイベント参加を口実に飛行機輪行で北九州まで行ってきました。

山の位置する田川郡は残念ながら公共交通機関や宿泊施設が余り充実していません。そのためアクセス方法としてはレンタカーを現地調達して車で向かう事が現実的です。山の近くで前泊できるホテルも限られているのでヒルクライム当日の早朝に現地まで移動する事になります。

今回の私の場合は一緒に登頂するみかんさんが車を出してくれると言うので、北九州空港から至近の苅田町というところにホテルを取りました。

飲食店は限られていますが空港から公共交通で無理なく移動できる範囲にあり、ホテル付近にサイクルベースあさひさんが立地している事が決め手でした。




持ち物

飛行機輪行と言えども持ち物はいつもの通りです。分解した自転車とシューズや衣類を エイカー バイクポーター スマートサイズ に詰め込み、リュックに普段着の着替えと日用品を入れて飛行機に乗り込みます。

関連記事:

いつもと異なるのは恒例の150km超のロングライド参加ではなく、今回は参加するイベントがヒルクライムレースであるという点です。完走を目的としたロングライドと比較して走行距離は僅か15kmと短く、速度は通常の練習よりも更に上がる事が想定されます。

競技中にパンク修理をしている暇も無さそうなのでCO2ボンベは敢えて持っていきません (飛行機輪行での検査時に手間が増えるため)。現地調達が難しいと考えられるディレイラーハンガー (専用品) とミッシングリンク、タイヤとチューブの新品の予備だけに荷物を絞り込みます。


DSC06081


それに合わせて輪行するホイールのタイヤとチューブも未使用の新品に換装しておきます。空気圧管理に失敗したり異物を踏んだりといったトラブルを未然に防ぐには、それが一番の対策だと身をもって体験したからこその実践です。

重量が問題となるヒルクライムレースなので少しでも軽量化を考えてカーボンフレームのFELT F7を投入し、その調整に必要となるトルクレンチもバイクポーターに同梱して預け入れ荷物として会場まで持参し…ようと考えて準備を進めていたのですが自転車の解体の段階になって気分が変わりました。

バイクポータースマートサイズに自転車を収納するためには、ホイール前後輪に加えてハンドルやペダル、シートポスト等を取り外さなければなりません。それらを取り外して再組立するとプロショップでせっかくポジションを出して頂いた調整が全て無意味になってしまいます。

またカーボンフレームは傷にも弱く塗装の剥がれにすら気を遣います。クランクからペダルを外そうとした際にチェーンが暴れて脱落するのを目撃して一気に輪行する気力を失いました。そこでいつも通りクロモリフレームのRaleigh CRNの登場です。


DSC06079
カーボンやアルミであれば割れるような衝撃を受けても少しばかり凹む程度


このフレームの信頼性は移送環境をコントロールできない飛行機輪行だからこそ活きてきます。購入前に意図したような「旅する自転車」にはなれなくても「機動力」と取り回しの良さから移動先での足となってくれる事に変わりはありません。

前日にドイツから届いたばかりの新ホイールと新品のGrand Prix 4000S IIに履き替えて即席のレース仕様の完成です。




当日

1週間近く雨が降り続いていた関東平野から西に1000km近くも移動すると気持ちの良い青空が広がっていました。なんだか久し振りに傘を持たずに移動している気がします。

北九州空港は人工島の上に設置された海上空港なのですが、現在は空港までのアクセス鉄道はなく西鉄バスで朽網という最寄駅まで移動しないと小倉にも門司にも出れません。


DSC06109
朽網駅


私が宿泊地に選んだ苅田町も以前は直通バスが出ていた様なのですが、今は目的地の候補の中にその名前は見当たりません。幸い西鉄バスの料金も格安で、朽網駅を通る日豊本線も複線化されていたため移動について大きなストレスはありませんでした。

無事にホテルに到着したら自転車を組み立て、ヘルメットにシールを貼り、ジャージにゼッケンを付けて明日のレースに備えます。

続く

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *