ロードバイクを3台も持つ理由 – 美しいから CANYON

DSC06480

ロードバイクの買い替えを決意した時から、乗りたいと思っていたバイクが2台ありました。

1つはダウンチューブからチェーンステーまでの造形の美しい TIME SKYLON AKTIV です。もう1つは無駄のないフォルムが道具的な美しさを感じさせる CANYON AEROAD CF SLX です。

どちらのバイクもシルエットだけで車種を判別できるほど特徴的な形状をしています。

そのバイクに乗りたい。

外出先で写真に収めたいと思ってしまったのが事の始まりです。

なぜ今なのか

SKYLON AKTIV はモデルチェンジにより廃盤になってしまいました。

CANYON のモデルチェンジは数年に一度なので、AEROAD CF SLX なら購入時期は来年以降でも問題なかったはずです。

直接的に購入を後押ししたのは、ディスクブレーキの普及です。

CANYON はディスクブレーキの採用に積極的なメーカーであり、新たにディスクブレーキを採用した2017年モデルも既にヨーロッパで人気を博しています。

ディスクブレーキ仕様の売れ行きと UCI の動向次第では、現行のキャリパーブレーキ仕様の存続が危うくなる可能性も無いとは言いきれません。

先のことは読めませんが、もしかしたらシンプルな形状のキャリパーブレーキ仕様の AEROAD を憂いなく楽しめる期間は、余り残されていないのかもしれません。

もちろん品質保証期間中は修理部品の心配は不要です。

しかし、将来的なことを見据えると、長く大事に乗ってあげることを考えるのも悪くはない時期に来ていると思えてきます。

そう考えると無性に新車を1台手元に置いておきたくなりました。




既にロードバイクを2台ほど所有している私にとって、3台目の新車は必要なものではありません。

必要ではありませんが、最も欲しかった1台ではあります。

2台目のロードバイクを購入する際、メーカーの混乱 ( 2015年あたりの受注システムエラーと納期遅れ ) 、フレームへの圧入BBとケーブル内装を嫌って購入候補から除外したことを後悔してきました。

2台目の教訓

私が実際に選んだ2台目のバイクは FELT F7 です。

フレームもフォークもカーボン製でありながら、JIS式のBBとケーブル外装により整備性は良好です。

ドイツ滞在時に半額以下で入手した不良在庫 ( 前年のモデル ) を持ち帰って日本で「バラ完」した為、ULTEGRA 6800 組みになっています。

整備性が良いだけでなく、走行時は1台目のクロモリバイクよりも体に優しく、加速も良いのでフレーム性能に対する不満はありません。

ただし私にとってはサイズが少し小さいのです。

だからこそ格安で入手できたので、最初から分かっていたことではあります。

普通に乗る分には問題なく乗れますし、ステムやシートポストで調整することも可能です。

そのように頭では分かっていてもダンシング時に窮屈さを感じたり、被写体として撮影している際にポジションを考えたりすると、どうしても気になって仕方がなくなってしまいます。

そうした小さな不満の積み重ねとカーボンホイールを上手く使いこなせていない現状が、3台目の購入という結果に結びついたのかもしれません。


DSC06488


言い換えれば、私にとっての Pressfit BB やケーブル内装のように多少の気に入らない点があっても、予算を上回るほど高価であったとしても、最初から本当に乗りたいと思っていたバイクを選べば、私のように何台も購入する必要はないのかもしれません。

もっともケーブル内装については SRAM RED eTAP ワイヤレス電動変速システム を選択すれば解決する問題です。

敢えて選択しなかった理由は、飛行機で輪行したいからです。

詳細はこちら:電動コンポの真価と機械式を積極的に選ぶ理由

結局、FELT F7 の最大の長所である整備性と乗り心地の良さとは異なる方向性になってしまった AEROAD CF SLX ですが、一つだけ共通している点があります。

意図せず選択した結果になったサテンレッド ( FELT F7 のフレームカラーはこの一色のみ ) の赤は自然界では珍しい色であり、空の青、林道の緑、雪山の白によく映えるのです。

無駄のない形状に良く似合う Stealth asphalt grey の黒ではなく、Cherrypeppar の赤を選択したのは2台目の FELT F7 があったからこそに他なりません。


DSC06515


今までの用途では1台目のクロモリバイク Raleigh Carlton CRN は普段の足と3本ローラーに、2台目のカーボンバイク FELT F7 は主にツーリングに使用してきました。

今後は Raleigh Carlton CRN は頑丈さとクリアランスを活かしてグラベル方面で、FELT F7 はトレーニングで激しく、CANYON AEROAD CF SLX はグループライドやイベントなどの特別な機会に使用していく予定です。

関連記事:ロードバイクを2台も買った理由と運用方法

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *