服に着いたチェーン油汚れに悩むロードバイク乗りに「シミとりレスキュー」の福音

ロードバイクに乗る上での私の一番の悩みは、チェーン油の汚れがそこら中にこびり付く事です。

DSC02715

普通に乗る分には、チェーン油汚れなど無縁な方もおられるでしょう。この問題に悩まされるのは輪行を行うからに他なりません。

奥多摩や檜原など走りやすい地域に出かける為、山手線という物理的な境界を超えなければならない私にとって輪行は必須なのです。

しかし、自転車を引っ繰り返し、ホイールを外してとやっている内に、知らない間にジャージやハーフパンツにチェーン油の黒い汚れが付着しているもの。

絨毯やカーテンなどの汚れは予防できても、着ている服の汚れだけは、どんなに慎重にしていても完全に排除することはできません。



そんなチェーン油汚れに悩まされている私が辿り着いたのが、シミとりレスキューです。


トップ シミとりレスキュー 17ml 吸水シート5枚

商品の用途は醤油や口紅などによる衣類のシミを落としたり、目立たなくしたりする事ですが、同じ油汚れである自転車のチェーン油による汚れも落としたり、目立たなくしたりする事が可能です。

それまでハンドクリーナーやメイク落としシート、食器用洗剤やベンジンなどを試し、歯ブラシで軽く叩いたり、熱湯をかけて石鹸で擦ったりしても効果がなかった黒いシミが、給水シートを当てながら裏から叩くだけで消えたり、目立たなくなったりする現象を目の当たりにすると感嘆せざるを得ません。

DSC02744

もちろん、完全に汚れを落とそうと思えば、クリーニング店に染抜きをお願いするのが一番なのでしょうが、一着しかない冬用ジャージなどを一週間も着られなくなってしまうのは、それなりに辛いもの。

これ一つ用意しておくだけで、みっともない油汚れの悩みを大幅に軽減してくれるシミとりレスキューは、かなりお勧めです。

代替品 : ブルーキーネット



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *