Ossenberg 伸縮式ステッキ OS-15

DSC06813

本記事は 膝を痛めて分かった3つのこと の続きです。


ランニングで痛めた膝の養生のために補助用の杖を購入しました。

先述の通り、直立するだけでも膝下の内側が痛み出して大変だったので、形状よりも入手性の良さを考慮して以下のモデルを選択しました。


ドイツ オッセンベルグ社 伸縮式ステッキ OS-15 レザーブラック[適応身長 144~184cm]

素材はアルミ合金でカタログ重量は約380gとなっていますが、私の購入したモデルは実測で383gでした。

10日以上も使用していますが特に重いと感じた事はありません。


DSC06849

DSC06852


シャフト部位がアルミ合金なので板厚を稼いで剛性過剰になりそうなものですが、構造のためか地面からの反動が気になるという事もないので、特に歩行時に重宝しています。

伸縮式ステッキの名称の通り、内側のシャフトを外側のシャフトが包み込むような構造になっており、調節ボタンを用いて長さを75cmから95cmの範囲で調整できます。



ここまでは説明書に書いてある通りですが、調節ボタンに負荷が集中する構造が気になる 長さ調節用の穴は 約2.5cm 毎に9つほど切ってあります。

この辺りが杖の強度と調整幅の均衡が取れる範囲なのでしょうか。おそらくヨーロッパ人向けの設計ですが、日本人の体格でも違和感なく使用できます。


DSC06855

DSC06812


足元はグリップ性を重視してかゴム製で設置面積も広めです。手で握る部位にはシリコンのような柔らかい素材を使用しているのに対して、こちらのゴムは弾力性の高いものを使用しているところに拘りを感じます。

ゴムである以上、地面との接触で磨耗したり、道路上の飛散物などを拾って傷んでくるのは避けられない気がしますが、雨天時などの悪環境で使用しても想定よりも磨耗しなかった事から、使い方次第では長く使えるのかもしれません (なぜ説明書に耐用年数が書いていないのだろう)。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *