OpenStreetMapからGarmin GPS用の地図ファイルを作成する

DSC05097

MAXXIS太魯閣国際ヒルクライム2016に参加する際、Garmin GPSデバイス用の台湾地図が欲しかったので、Open Street Mapから自分で作成する事にしました。

太魯閣や花蓮について一般地図よりも詳細な地図が欲しいところですし、今後、出張でイスラエルやメキシコに行く事があった際などに自分で何とかできるようになりたいので、この機会に覚えてしまいます。

使用するのは mkgmap と splitter というJavaのソフトウェア(というかライブラリ)です。

どちらも mkgmap 本家からjarファイル形式でダウンロードできます。

リンク先の本家ではデータ転送用の他のソフトを使用する方法を説明していますが、私はそんな面倒なことはしたくないので、gmapsupp.img ファイルを作成して GPS 端末の Garmin ディレクトリ直下に置くことを考えます。

ドキュメントを読み込んでいくと、どうやらOpenStreetMapの地図ファイル作成には *.pbf という形式のファイルが必要となる事が分かりました。

このPBF形式のファイルの入手は OpenStreetMapによると、複数あるリンク先のサイトの中からダウンロードできるとの事です。

配布元のサイトを幾つか抜粋すると、このような具合。



今回欲しいのは台湾の道路地図と花蓮の詳細地図なので、Geofabrikから Sub Region: Taiwan と Metro Extracts から Hualien のタイル (PBFファイル) をダウンロードします。

ちゃんとpbf形式になっていますね。




Wikiを見ていくと、mkgmap を使う前にpbfファイルを分割する必要がありそうなので、splitterを使ってダウンロードしたファイルを分割します。

エラーを吐き出した場合、おそらくJavaのバージョンがあっていないので、シムリンクを張り替えます。

実行すると新たなファイルが幾つか生成されますが、このうち使うのは 632なんとか.osm.pbf というファイルです。

他のファイルを使うと様々な設定ができそうなのですが、取り敢えずはファイルを作成する事を優先するので、今回は割愛します。

何に使うのか、そのうち調べておかないとな(・。・;

mkgmapの実行が終わると、gmapsupp.img というファイルができますので、これをGarmin GPSデバイスの指定ディレクトリ(/Garmin)に置くとデバイスで地図を読み込めるようになります。

一緒に作成された 6324なんとか.img というファイルを試しにデバイスの Garmin ディレクトリに置いてみると、現在の gmapsupp.img の内容(日本地図)に加えて、台湾の地図も表示できる謎デバイスに仕上がりました。

ストレージ容量が許す限り、いくらでも重複して入れても良いのですかね。


DSC05107
節操のない事に…


Garminデバイス側の設定で、どの地図を表示するのか選ぶ事ができるのですが、たくさん有りすぎて、どれがどこの地図だか分からなくなりました(´・ω・`)

これで一応は、台湾行きの準備が整いました。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *