Garmin Edge 520 はサイコンとして買いなのか

DSC05837

Garmin の eTrex と Edge シリーズについて調査を行い、あれだけ検討した上で Oregon 600 を購入したわけですが、先日、新たに Edge 520 を買い足す事に決めました。

Oregon 600を中古で放出した末の買い替えではありません。

Edge 520 を買い足した直接の理由は、OregonではBLE無線通信が使えず、日々のライド記録をオンライン上で管理する事が甚だしく不便であった事です。

しかし、トレーニングに持ち出すに当たって、その性能がやや過剰であると見受けられた事も購入動機の一因として否定する事は出来ません。

Oregon 600 と Edge 520。異なるGPS端末を両方所有した上でのインプレッションも少ないと思われますので、実際に両者を使用した上での使用感について述べます。




ロードバイクやランニングなどの極端な環境では多機能よりも小型で軽量であることに価値がある

先述の通り Oregon の購入では 地図の表示性能多目的な用途に使える 事を重視していました。

これはブルベでの使用を想定していたという事情もありますが、ナビ的に地図情報も利用できたら便利だという思惑がありました。

地図表示の面では、Oregon の優位性は Edge とは比較になりません。

しかし、いざトレーニングに持ち出してみると 日常のライドでは地図表示は不要 な事も多く、走行記録データを出力するのに毎回 MiniUSB ケーブルでコンピュータにつないで GPXファイル を取り出して手動でアップロードするという手間ばかりが目立ちます。

また Oregon は日常的なトレーニングに持ち出すには、重量やサイズ的にも不向きです。

ロードバイクやランニングで走行中に知りたい情報は、せいぜい、時刻と走行距離、速度、斜度ぐらいですので、鮮明で大きな画面は必要ありません。

それよりも走行自体を邪魔しないよう、小型で軽量であればあるほどに使い易いと言えます。

Edge 520は電池持ちが良い

トレーニング記録を計測・記録するデバイスは、小型で軽量であるほど良い訳ですが、小さくなるとバッテリー容量も少なくなります。

GPS端末で衛星電波を受信し、液晶画面に表示する際に消費する電力は (少なくともGarminの各端末では、それほど) 変わらないとすると、本体サイズが小さくなる程に計測時間も短くなってしまうはずです。

実際に Edge シリーズで最小となる Edge 25 の場合、実測では約8時間前後の連続使用でバッテリーが無くなる事が多いとユーザーが言っていました (走行場所や衛星電波の入り易さ等の環境により変化します) 。

これぐらいの容量では、150km 超の週末のライドでは少し心許ないので、Edgeシリーズでは 25 と迷った挙句に、少し大きめの 520 を選択しました。

その Edge 520 ですが、頻繁に本体電源を切ったり、衛星電波の受信を止めたりしているので、購入時に1度充電したきり、1週間連続で使用してもまだバッテリー残量に余裕があります。

電池持ちはかなり良いです。


DSC05867

DSC05861

DSC05865


敢えて記述した理由は、Oregon 600 は電池の持ちが非常に悪いのです。

高精細な液晶ディスプレイとタッチパネルを搭載しているという特殊なモデルである為、内部充電池に加えて単三電池を2本使用していても、衛星電波の受信環境が良くない場所では1日で電池を使い切ります。

電源オフにしても液晶が消えるのみで、Edge ほど明確に本体電源を切れているのかは分かりません。

バッテリーの使用状況を鑑みるに、液晶ディスプレイとタッチパネルの機能をオフにする設定なのかもしれません。

特に衛星電波が全く入らないビル密集地帯では、1晩で確実にバッテリーを完全消費します。



専用品はやはり便利

BLE無線通信でスマートフォンにデータ転送できる事、また連続使用時間が長く、衛星電波の受信を切る設定がある事は、私の環境では大切な事でした。

Edge 520 の購入を検討されている多くの人にとっては、Oregon ではなく普通のサイクルコンピュータと比較して、使い易いかどうかが重要になると思われます。

Edge 520 で関心した事は、本体に複数のマウンティングデバイスが付属してくる事と、室内のローラー台用のモードが設定されている事でした。

前者は私のように2台以上のバイクを所持している人には、大きなメリットとなる事に間違いありません。


DSC05833

DSC05864

DSC05859


後者については、通常のライド記録と区別してデータを残せる他、室内モードでは自動的に衛星電波をオフにする設定ができるというメリットがあります。

この他、表示項目を切り替えて、気温や斜度やケイデンスを表示したり、事前登録したルートを表示したりとカスタマイズ性が高いです。

記録後のデータ編集を行えば、ランニングなどのロードバイク以外の用途にも使えます。

地図表示が不要な日常トレーニングでは Edge 520 は便利

1週間以上、継続してきた感想は、地図表示が不要であればサイコンとして間違いない選択というのが私の Edge 520 に対する印象です。

別売の専用センサー以外、必要なものは全て網羅されており、何かが足りないと感じた事は一度もありません。

トレーニング目的では使用しなくなった Oregon 600 については、今後は海外出張などで活用します。

実際に台湾に持ち出してみて、高感度のタッチパネルと現在地表示が大変便利で手放せなくなったからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *