台湾ヒルクライム遠征・MAXXIS太魯閣・海外で公式ツアーを使わずに会場に行く(宿泊・航空券手配)

DSC05520

身も蓋もありませんが、最も安全、確実かつ楽に大会に参加する方法は公式ツアーに参加される事です。

そちらでは大会前日の受付会場となるホテルに宿泊できるほか、自転車の輸送を全て任せられる等のメリットがあります。

ついでに士林夜市や九份に寄るので自分で何とかしますというのは、私も含めて自己責任です。中国語、または少なくとも英語に堪能(IELTS 7.0またはTOEFL iBTで score 90以上など)でない場合、積極的にお勧めはしません。

記事内容はあくまでも参考程度に留め、詳細はご自身で航空会社、宿泊施設、公共交通機関にご確認ください。


宿泊について

今回は以下のサービスを利用しました。郊外地域でも登録施設が多いので頼りになります。



会場は「花蓮縣新城鄉秀林國中」おそらく「花蓮縣立 秀林 國民中學」という中学校の近くなので、この辺りの安い宿泊施設を探します。

上のサイト経由で予約すると通常の場合はキャンセル無料なので、部屋がなくなる前に早めに予約を入れておき、自転車を持ち込めないようならキャンセルするという方法を取るのが確実です。

予約時の依頼という項目があったので、下記のように自転車の持ち込みの可否について訪ねました。


We are going to attend the MAXXIS TAROKO INTL. HILL CLIMB bicycle race (http://www.cyclist.org.tw/index.php?fn=news&fn1=info&no=A&no1=340&no5=C). Could you please let us know whether we can bring our bikes into the rooms or a storage room? Thank you.


幸い、宿泊施設から「持ち込んで良いよ」という返信が来ましたので、今回はここで終了です。返事がない場合は、現地に電話して尋ねます。

今まで記述してきませんでしたがサザンセト・ロングライどでもしまなみ縦走でも、予約時に問い合わせして、自転車持ち込みの可否を調べています。


航空券について

今回は以下のサービスを利用しました。個々の航空会社で運賃を調べるより楽ですし、フライトの日時をずらす事で料金がどれだけ変わるのかが一目で分かるので便利です。

私はStar Allianceの会員なので、安心安全のEVA航空を選択しました。マイレージ、運用システムの信頼性を考えると、払い戻しの効くきちんとした航空会社の方が絶対に良いという価値観です。台北なら大阪への出張と値段は変わりません。

航空会社によっては、

一切の変更を受け付けなかったり、自転車の持ち込みが有料のところもある

ので、輪行の条件や登録時の情報、

特に姓名の順序が反対になっていないか

などに気をつけてください。

EVA航空では受託手荷物の項目に自転車の記載はないので、予約センターに電話して事前に持ち込みの手配を行なって頂きました。

台北から花蓮・太魯閣への移動方法、台湾での自転車輪行についてはこちら


DSC05527


関連記事:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *