Monthly Archives: February 2016

「初めて買うスポーツ自転車ならクロスバイク」と言われる理由

DSC01469

私が初めて購入したスポーツ自転車はクロモリのロードバイクでした。といっても大昔ではなく、2013年頃の話で各自転車メーカーのラインナップにはアルミやカーボン素材のバイクもありましたし、ミニベロやクロスバイクといった車種も普通にありました。

当時の私は博士課程の大学院生で京都の鴨川のすぐ側に住んでいました。川沿いの道を下って行くと三条大橋があり、南座があり、伏見稲荷大社があり、やがて下鳥羽から桂川に沿って大阪まで続くサイクリングロードがありました。この道を楽に走れて、なおかつ、そこそこの荷物(カメラや着替え)が運べて、長く使える自転車が欲しくなり、ランドナースポルティーフに興味を持ちました。

専門店に行ってランドナーが欲しいと相談したところ、ランドナーは重くて遅い上に、タイヤが26インチと特殊なので、クロスバイクにしておいた方が何かとストレスが少ないかもしれないと教えられました。この当時は、クロスバイクが何なのかも良く分からず、「オフロードも走るならクロスバイクが良い」、「いずれロードバイクが欲しくなるので、最初からロードバイクが良い」という言説があるのを見聞きしていた程度でした。




またロードバイクのキャリパーブレーキやクロスバイクのVブレーキよりも、ディスクブレーキの方が雨天時の制動力が高いらしいので、取り回しを考えればシクロクロスグラベルロードという選択肢も有りなのではないかと混乱しました。

今だから言える事ですが、ロードバイクとシクロクロスは純粋に競技用の自転車で、日常使用では不便な事が多いです。当たり前の事である為か、わざわざ言及している方も少ないのですが、自分が初心者だった頃には区別がよく分かりませんでした。レースで勝つ為に耐久性を犠牲にして軽量化を行っていたり、担いで運びやすい特殊な形状をしていたり、大会の規定を守りつつ勝利する事のみを目的に設計されています。

グラベルロードはロードバイクやシクロクロスと似たような形状をしていますが、上述の規定に縛られない分、自由に設計ができるようです。最近、登場した車種で、私もまだ良く分かっていないので今回は割愛します。

これらの3車種は10万円以上の値段が付いている事が一般的です。

対して一般的なクロスバイクの値段は5万円以上になります。初期投資の金額を低く抑えられ、日常に使える程度の実用性を持ち、サイズ選びも他の車種ほど厳密に行わなくても支障はない。クロスバイクを選んでおくと失敗する事が少ない、失敗しても通勤や買い物に使えなくはないと言うのが初心者にクロスバイクが勧められる一番の理由だと思われます。

クロスバイクの次にロードバイクが勧められる理由も、一般道を走る事そのものが目的になっている場合にロードバイクである事のデメリットが殆どないからでしょう。舗装状態の良い日本(海外に行くと痛感します)に於いては、悪路走破性は殆ど必要ありませんので、楽に長距離を走れるロードバイクに人気が集まるのも理解できます。ユーザーが多い為に部品が手に入りやすく、整備性が良いと言うのも大きな理由でしょう。

私がロードバイクを購入した理由も同じです。ランドナーやスポルティーフを探しても大きな店舗に行かないと実物が拝めなかったり、自分の身長にあったサイズがなかったり、ロードバイクに対する利点が輪行時にハンドルを外せる事ぐらいしか思い当たらなかったりで、それならロードバイクで良いかという事でCRNを選択しました。

多数派のアルミにしなかった理由は、疲労限度の事を考えると、どうしても材質的に信用できなかったという研究者の悪い癖、CRFにしなかったのは色が気に入らなかったからと言う極めて個人的な理由です。

関連: ロードバイクを2台も買った理由と運用方法

言語カテゴリ再設置

「趣味の話題しか取り上げません」というポリシーは何処に行ったのかとお叱りを受けそうですが、ソフトウェア開発者の私にとって外国語は業務と直接関係ない趣味の範疇に含まれるので、少し悩みましたがブログでも取り上げる事にします。

TOEFLやIELTS、海外では余り実用性はありませんがTOEICの点数、出身校(高校・大学・大学院)や留学経験を書けば閲覧者が増えるのは知っているのですが、そういうキーワードを辿って来られた方々に有益な情報を提供する事はできませんので、私はそういう宣伝はしません。

身も蓋もありませんが、基本的な要素は丸暗記する以外に方法がないので、アドバイスのしようがありません。ヨーロッパ言語ならCEFR B1からB2、日本語ならJLPT N3からN2ぐらいの学習者になると語彙、文法、用例でよく間違えるところを指摘したり、使える学習書を共有したり、似たような表現の微妙な違いを説明したりできるのですが、それ以前の段階では単純に学習時間の差が絶対的な差となって結果に現れます。


このカテゴリは大学3年生の時に”Gut (17/20)”の成績でドイツ語B2の検定に合格した私が数年のブランクを経て、C1に挑戦しようかと言う思い付きで始めたものです。

内容は現段階では特に決まってません。