電解質を補給しても足が攣る時はVAAMを飲むと良いかも

DSC04681

私はよくヒルクライム中に足を攣ります。

これまでにクリート位置やポジションを見直したり、水分補給を意識的に増やすする事で、足を攣る頻度を劇的に低下させてはきましたが、未だに攣る時はあっさりと大腿筋を攣ります。

足攣りに至る原因を調べていくと、水分不足に加えてカリウムやカルシウム、ナトリウムなどの電解質が不足していることが要因として挙げられていた為、ライド時にはミネラルタブレットを飲み続ける事にしていますが、私の場合はほとんど効果を感じられず、既に気休め程度になりつつあります。



みかんさんに言わせると、どうやら「踏み込みが強過ぎて筋肉の負荷が半端ない」のが考えらえる原因とのこと。

高校までは競泳部や剣道部に所属していただけに、確かに脚の太さや(特に右足の)踏み込みの強さには自覚がありますが、体型は一朝一夕にはどうにもならないのではないか…(´・ω・`)と考えいたところ、「VAAMを飲むと良いかも」と勧められました。

VAAMについて調べてみると、何やらダイエット食品のようです。


ヴァームウォーターパウダー グレープフルーツ味 5.5g×30袋

体脂肪なら5kgぐらいなら絞れるほど付いてるよ?と述べると、付いているだけでは使えないので筋肉へのエネルギー源にならないと反論されます。

生物や医学の領域には全く興味も関心もないので、その分野に精通しているみかんさんに言われるがまま、購入して何度か獲得標高1,500m超のライドで試飲してみました。



結論から述べると、足攣りに対しては効果覿面でした。

より高負荷を掛けるために、ただ登るのではなく、速く登れるように通常よりも少しだけ重いギアで踏んでも、足を攣りそうな気配が来ません。

味もさっぱりとしていて飲みやすく、個別包装になっている為、ロードバイクで持ち運びしやすいのもメリットと感じられました。

ライドの際には4本ぐらい抜き出して他の補給食と一緒に背中のポケットに入れて置けば、外出先の自販機の水と合わせて、即席のスポーツドリンクを作れます。


DSC04683


効果もあって、使い勝手も良い。

VAAMはヒルクライムを含めたライドには欠かせない補給食となりました。

しかし、デメリットもあります。

飲み込んだ際の食感が重く、他の補給食を食べる気が失せます。

喉に引っかかる感じが強く、これだけでも他のスポーツドリンクとは一線を画します。

また利尿作用があるのか、飲むとトイレに行きたくなる事が多いです。

私の気のせいかと思いましたが、Twitterで検索してみても同様の感想を抱いている利用者を何人も見掛けますので、実際に効果があるのかもしれません。



VAAMを飲まない日のライドではアミノバリューも試飲していますが、こちらについては効果はまだ曖昧です。

ロードバイクではなく、テニス関係の友人からサンプルとして分けて頂いたもので、今までにボトル4本分ほどライドで使用してみました。


DSC04682


何となく脚が残りやすいような気がするのですが、いかんせん、この量では足攣り予防への効果を断言できるほどの確信は持てません。

こちらも味はなかなか良いですが、1パックが大きいのでライド前に半分ほど使用して、残りはガムテープなどで止めて持ち運ぶ事になります。

効果を確認できましたら、改めて取り上げようと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *