真夏のデザインフェスタが楽し過ぎる

DSC09737

友人から熱心に誘われて、真夏のデザインフェスタ 2017 に行ってきました。

デザインフェスタとは東京の国際展示場で開催される創作のイベントで、誰でもオリジナル作品を展示、販売することができることを趣旨としているそうです。

実際に訪れてみるとオリジナルの絵画ポストカードにアクセサリー、ぬいぐるみにガラス細工、写真集に、衣類に、木製品に、落書き集と何でも有りな販売ブースが並び、その横で音楽を演奏してる人がいたり、食事してる人がいたりといった具合に自由な空気に圧倒されます。

例えて言えば、ミュージアムショップとフリーマーケットとナイトマーケットが融合しているような不思議な空間です。

イベント会場全体に共通するテーマも存在しない為、個々のブースが好きなものを好きなように展示しており、次に何が出てくるのか検討もつかない面白さがあります。

その脈絡のなさは、仮に私がロードバイクを展示しながら『檜原・奥多摩の絶景写真集』を販売していても違和感がないほどです。




この脈絡のなさから、自分の知識を超えた範囲にある他者の創作活動を伺い知ることができ、さらには創作者自身と直接的に会話することもできます。

私自身は風景写真が好きなので、自転車で山の中に出掛けていった序でに撮影してレタッチすることも多いのですが、他の人の写真や絵画を眺めていると自分なら意識もしないような対象に目を向けている作品が多々あることに驚かされます。

そんな視点の異なる作者とイベント会場では直に話せるのですから、面白くない訳がありません。

加えて驚くべきなのは、一からの絵画制作の実演を目の前で見ることができ、制作者の許可さえ得られれば作品が完成するまでの過程を撮影することさえ可能なことです。

以下は野宮ましろさんの描く星空の制作途中の様子。ここから試行錯誤を経て最終形に至るのは完全に予想外ですし、実物は写真以上に陰影の表現が素晴らしいです。


DSC09744


既製品とは異なる手作りの商品や他では購入できないオリジナルの作品を購入でき、創作者と会話が可能で、字義通りに作品の制作過程まで見ることができるデザインフェスタは、端的に言って会場に一日中いても飽きない楽しいイベントでした。

そして重要なことですが、明日も開催しています。


DSC09739


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *